卵子提供 ・精子提供・代理出産の「ミラクルベビー」公式ブログ                       
  自分自身も不妊で悩み、アメリカで代理出産という道を選択、女児を授かりました。
contemplation-2826235__340.png


#卵子 #精子提供 #精子バンク #シングル女性 
2017年は、日本は過去最少の出生数で、日本の人口が39万超減少したそうですね。
このまま人口が減少し続けたら日本は滅びてしまいます。子供を増やすために私達ができることは何でしょうか。


沢山あるのですが、まず社会に力を入れて欲しいことは、若い女性に向けての「子供を持つ時期」についての知識・意識向上です。私は、日本から卵子提供や精子提供を受けたいとアメリカに来る方のお世話をしていますが、多くの女性が「若い時にこういうことを教えてくれる人がいたら、もっと早く手を打てたのに・・・」とおっしゃいます。


学校で簡単な性教育を受けた後、ひたすら “避妊” に一生懸命な20代。この時期に社会がもっと力を入れて、これからの女性の体の変化を認識してもらうように働きかけて頂きたいと思うのです。


何故なら・・・女性の体は30歳を境に変わっていくからです。


あなたの年齢は? 妊娠力との関係

では、どんな風に変わっていくのか年齢別にみていきましょう。

30歳 まだまだ見た目も若々しく、はつらつとしている年齢ですよね。不妊治療とは無縁のような年齢と思いがちですがズバリ!女性の妊娠率が低下し始める年齢です。

35歳 35歳前後から妊娠する可能性が急激に低下します。
たとえ体外受精、顕微授精をして受精できたとしても妊娠率は低下します。
この年からは流産やダウン症などの胎児異常が多くなります。

「35歳」は日本産婦人科学会が定義している高齢妊娠、高齢出産の年齢です。一口に“高齢”とはいいますが、具体的に言うと“要注意妊娠”です。色々なリスクをかかえての妊娠になります。

40歳 35歳では急激に妊娠する可能性が低下すると書きましたが、40歳からは更に拍車をかけて低下していきます。

45歳「この年齢を過ぎると体外受精、顕微授精をしても妊娠することは、ほとんどありません」←日本生殖医学会が述べています。
子供の流産や死産、生まれても早期に亡くなるケースも多くなります。

これを見ると30~35歳というのが “妊娠” するにあたりとても大切な時期です。
実際に子供を出産した女性の年齢階層別にみると、2017年は30~34歳が最も多かったそうです。

年齢と妊娠率とは切っても切れない関係であるということを、是非若い女性のみなさんに知って頂きたいと思うのです。
そしてその妊娠率は何が左右しているのでしょうか。

卵子って一体どうなっていくの? 

最近は “卵子の質の低下” という言葉も耳慣れてきたのではないかと思いますが、

簡単に言うと

・卵子は女性が生まれた時に既に卵巣内に持っているもので
・初潮以降は排卵、受精後とに減っていく一方で、新に増産されない
・例えば35歳の時に排卵された卵子は35年前から女性の体にあったものなので
機能的に低下していく
・見かけの若さや元気さとは関係がない。実年齢と一致し老化していく。


ということなんです。


お顔は高い美容クリームで少しは年齢より若くいられるかもしれないし、美容整形でびっくりするほど若返ることができる。


体だってジムでトレーニングして、食べ物に気を付けていればそれなりの体系を保てる。


でも “体内時計“ は正直なんですね。
チックタックと毎日毎分進んでいき、誰も止めることができないんです。体内の卵子は確実に日々老化していくのです。


卵子の老化を止める特効薬があったらいいのに、と思いますよね。いや本当に。
医療技術がこんなに進んだ今日でも、そしてこんなに世界中の人が不妊で悩んでいるのにその特効薬はありません。


だから、みなさんに “自分の年齢” と ”卵子年齢“ が一緒であることを認識して、ちょっと人生のプランで悩んだ時に、ふとこのことを思い出してほしいと思います。 なぜなら妊娠の可能性を最大限にして欲しいからです。


シングル女性でも子供が持てる社会に

とは言え、日本には結婚してから子供を持つという文化があります。晩婚化の問題がある限り子供は減って行くと思うので、これを切り離さないとならないですね。
つまりシングルの女性にも子供を持てるようにする体制が必要ではないかと思います。


もはや、「シングル女性の卵子凍結が可能」といって安心している事態ではないのです。
この凍結卵子を使って実際に多くの子供が生まれているというのならまだしも、まだまだの段階ですから
平行して別の体制を整えるべきです。


シングルの女性が子供を育てるということ=貧困 という感じが見受けられますが、これは人によるのです。一つのくくりにしないで欲しいと思います。シングルの女性には不妊治療をしないという医療の体制もちょっとした差別ですよね。子を持つことは人として権利があると思いますし、お父さんがいない家庭であっても経済的に問題なく、親が育児を助けてくれたり周りのサポート体制があるのなら子を持つことは良いのではないかと思うのです。両親揃っているから幸せを保証するものでもありませんよね。


正式な精子バンクの立ち上げも必要ですし、彼女達がシングルで子供を授かることについての決断をサポートする、カウンセリングのシステムを作ることも重要ですね。簡単な気持ちではその決断に至って欲しくないですし、ガッツも覚悟もいりますから。


実際にシングル女性でアメリカに来て、精子提供を受けて妊娠を試見る方は年々増えていますが、彼女達の頼もしいこと! 意志が固く決断もどんどんしていくタイプです。


日本で待っていても始まらない! のでアメリカまで来ちゃいました。という彼女達。その行動はまさしく「自分の幸せは自分でつかみ取る」というものです。


滅びる前に、少しづつでも変えて行こう日本 !
スポンサーサイト

精子提供・卵子提供・代理出産コーディネート
Miracle Baby公式サイトはこちら▶

↓いつも応援ありがとうございます。
↓不妊にお悩みなのは、あなたひとりではありません。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
【2018/06/07 06:36】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
#不妊退職 #不妊治療 
asian-3421073_640.jpg

こんにちは。ミラクルベビー石原です。


5月24日付読売オンラインニュースに掲載された記事“やめたくてやめるわけではない「不妊退職」”を複雑な思いで読みました。日本では不妊治療に関わる問題がたくさんあり、まだまだハードルの高いことなのか、という思いでいっぱいです。


「不妊退職」しようか揺れ動く女性達
この記事では、ある一人の女性が不妊治療を受けながらフルタイムで働いていたが、不妊治療を継続していくためには予定の立たない遅刻・早退・欠勤を重ねなくてはならず、会社でも不妊治療をしていることを隠しているため、周りの人たちからの理解が得られず、一人で悩んでいる、という内容でした。この女性は、度重なる遅刻・早退・欠勤が続くことに罪悪感を感じ、周囲に相談することもなく、不妊治療のことを隠し続けて不妊退職する道を選びました。


不妊退職をするべきか、仕事を続けるべきか悩む時、多くの人が

   仕事は楽しく任されていることも多いので出来ればやめたくない。
   収入源が無くなると、不妊治療がいつまで続けられるのか不安。
   仕事を辞めても不妊治療で結果が出るという保証にはならない。仕事も無し、子供も無しの人生はむなしいな。
   不妊治療だけだと精神面で辛いことが多いので息が詰まることもある。成果を出したいのはあるが、仕事で治療を忘れる時    間も必要かも。
 
と揺れ動いています。両立はどんなことでも楽ではありませんよね。育児だったら、第三者がベビーシッターとして助けてくれたりするけれど、不妊治療が大変なのは本人が行かなくてはならないこと。


また、職場に伝えると覚悟する前には、やはり会社の人にどう思われるだろうか、という不安があります。
    
    不妊治療をする人に心ない言葉をかけてくる人もいる
    かわいそうと思われるのがいや
    不妊治療で出来た子は成長がうんぬん・・・と否定的なことを思う人もいる

伝えたことによってかえって嫌な思いをするのではないかと。だったら、言わないで退職するほうが楽だなあと思ってしまうのです。



アメリカでは、不妊治療を会社に伝えずに仕事をしている人はあまりいないのではないかと思います。できないものには医療の力を借りる、くらいの考えです。それに歯の治療や通院の際も、それに必要なだけの休みを取るのが普通で、特に休みを取る理由を伝える必要もないんです。誰も文句も言いません。本当に遅刻や早退、欠勤が頻繁になる場合は、本人が会社宛の説明の補助として、ドクターズノートというドクターからの手紙を入手して上司に出すことはあります。ドクターズノートには、「私のところで治療している患者さんで、タイミングが重要な検査や治療があるため、いついつは来る必要がある」というような内容が書いてあります。 ドクターとのアポのために会社を抜けるのは、当然の権利で、何が悪いの?という感じですね。



これを文化の違い、お国柄の違いというのかもしれませんが、こんな統計もあります。出産ジャーナリストの河合蘭さんが書いた記事(2016年12月12日wotopiに掲載)によると、福岡県にある不妊治療クリニックで行われたアンケートによると、働きながら不妊治療を受けている人の二人に一人は、職場に不妊治療を受けていることを伝えているようです。さらに、会社に不妊治療について伝えた人たちの90%近くが「会社に不妊治療のことを伝えてよかった」と回答しています。伝えてよかったと感じる理由として、休みがとりやすくなった、協力を得られるようになった、気持ちが楽になった、理解が得られるようになった、など精神的に良い環境となったことがうかがえます。また、このアンケートで「職場で不妊治療に協力的な人はどんな人か」という問いには、女性の同僚に続いて多かったのが、男性上司でした。さらにいえば、男女問わず上司が協力的と答えた人の70%は男性上司が協力的という結果も出ています。



現状打破!! 飛び越える勇気をもって

ケース1 ある私のクライアントさんで、卵子提供を受けて子どもを授かりたいという方がいました。夏休みや大型連休以外に長期の休みを取るのがとても難しい雰囲気の職場だったので、もう治療を海外で受けることを打ち明けてしまった方がいいと考え、ある日上司に話ました。


上司の反応は、


「それは大変な決断だったね。実は、私の妹も子どもができなくてこの前、卵子提供を受けることを決断したよ」


意外にも身近な人で同じ悩みを抱えている人がいたのです。上司は応援すると言ってくれ、今まで言い辛かった休みの申請もスムーズに行くようになりました。


ケース2 他のクライアントさんで、やはり海外に治療に来る方がいらっしゃいました。フルタイムだと自由なときに休みが取りづらく、他の人にかかる負担も大きくなってしまうため、思い切ってパートタイムに変えてもらうことができるかと上司にお話しました。会社の方も彼女を必要としていたので「パートタイムでも続けてくれるのはうれしい」と言ってもらえ、気持ちが楽になったそうです。


今や、多くの女性が不妊治療で悩んでいるという現状は社会問題になっているくらいですから、上司がたとえ男性であっても知らないわけがありませんね。あなたの上司の周りにも数人は不妊に悩んでいる人がいて、大変さを聞いたことがあるかもしれませんよ。


だから勇気を持って話してみてください。


「私、今すごく悩んでいることがあるんです。OOさん(上司)にどうやって伝えようか、もっと早くに相談するべきだったのかもしれませんが、毎日毎日考えてそれでも勇気がなかなか出なくて今日になってしまいました。」


「どうしたの? 何か困ったことでもあるの?」


「今の仕事はとても楽しくやりがいがありますし、(上司の)OOさんやチームのメンバーにも恵まれて(など現在の仕事がどれだけ好きか、あなたの熱い思いを伝えよう!)」


「そうか、それは良かったね。A子さんがうまくみんなをまとめてくれているので助かっているよ。」


「そう言ってくださる中、とても相談がしづらいのですが、私は今子どもを作りたくて不妊治療をしているんです。ちょこちょこ抜けることがあるのは、治療には様々なタイミングを必要とするものがありまして・・・事前に読めないこともありますし、頻繁に病院へ行かなければならないからなんです。

私が治療のため職場を抜けると、みなさんに迷惑をかけることになるのでそのたびに心苦しいです。会社を辞めなければならないのか辛い決断をしなければならないのか真剣に悩んでいます。でも何かの解決策があって治療を続けながら、私が働いていける方法があればとOOさんにお話しようと決断しました。」


ここで、


「うちの会社にはそういう融通性はないよ、無理無理」


なんて言われたらそれまでの会社です。さっさと去ろうじゃないですか。でも上司が少しでも考えてくれたり、提案してくれたりというのがあれば、うれしいじゃないですか。いい方法があれば万々歳だし、たとえこれが結果的に難しいということになっても、あなたの中で、気持ちの整理もついて退職できると思いますよ。


そんなシナリオ通りに行かないよ! と言われるかもしれません。でも、何か進んでみましょう。上司に何と切り出すか、相談の仕方を紙に書いてみましょう。この状態をストレスを抱えながら続けていく方がずっと辛いし、どんどん時間がたってしまうことが一番怖い。妊娠する体作りのために、いいことなんて一つも無いから。


不妊治療は、注射も打つし、検査もするし、薬も摂るし、通院もする。これを仕事をしながらするのは大変なことだと、多くの人に知って欲しいですね。不妊治療をしている女性達は自分ひとりで悩んでいる人が多いので、殻に閉じこもりがちです。大きい会社であれば、会社内で同じ状況の人が絶対に何人かいるはずなので、そういう仲間と一丸となって上司に協力をしてもらうよう話ができれば、いいですよね。


会社に不妊治療のことを伝えることは一つのかけかもしれません。でも何もせずに会社を去ってしまうのは非常にもったいないことだと思います。有能な人材が相談なしに退職を選んでしまうのは残念です。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

精子提供・卵子提供・代理出産コーディネート
Miracle Baby公式サイトはこちら▶

↓いつも応援ありがとうございます。
↓不妊にお悩みなのは、あなたひとりではありません。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
【2018/05/27 10:50】 | 不妊 | トラックバック(0) | コメント(0)
こんにちは。ミラクルベビーの石原です。
今日は日本とアメリカの精子提供(AID) についての違いをお話したいと
思います。


1. 日本に正式な精子バンクはあるの? どこで精子提供(AID) を受けるの? 
2. 日本で精子提供(AID)に協力しているドナーはどんな人? 
3. 日本の精子提供-気になる点 
4. 独身女性、性同一障害(FtM) 、レズビアンカップルは精子提供を受けられるの?
5. 怪しい”個人の精子提供”の存在に注意 !
6. アメリカの精子バンク


1.日本に正式な精子バンクはあるの? どこで精子提供(AID)を受けるの?

日本には公的に認められているライセンスを持った精子バンクはありません。
そのため方法としては、医療機関で精子提供を受け、人工授精(非配偶者間人工授精=AIDといいます) を行います。
婚姻関係にあるご夫婦であれば精子提供(AID) は受けることが出来ますが、ごく一部の機関でしか行われていません。

2.日本で精子提供(AID)に協力しているドナーはどんな人?

医療機関で提供される精子はどういったドナーなのか、気になるところですね。知らされるドナーの情報は、日本産科婦人科学会の規定で「血液型」のみです。(夫と同一の血液ABO型、Rh型のドナーが選ばれます)


以下、精子ドナーの条件です。
o 年齢20-27歳
o 未婚
o 身長・体重ともに適正範囲内
o 性病や感染症の既往が無いこと
o 医学部学生
o タバコを吸わない方
o 違法薬物の経験がないこと
o 輸血を伴う手術を過去に受けていないこと
o 精神・心理面におきカウンセリングを受けていること
o 性感染症の検査にパスしていること
o 精液検査で一定の基準を満たしていること
o 癌遺伝子(一部)の異常性を検査していること

3.日本の精子提供(AID)-気になる点

必要な医療検査は受けているものの、精子ドナーについては、血液型以外何も知ることができないことは、精子提供(AID)を受ける側には抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

いくつかの気になる点を挙げますね。


家族の体質、病気は遺伝することもあります。


例として、そのドナー本人が現在太っていなくても、例えば両親や祖父母といった家系に肥満が多かったら肥満体質になる可能性が大きいかなと思います。そういった情報は教えてもらえないのです。


精子ドナーの家族がどういう病気を持っているかの情報は、子どもの将来のためにも知っておくことはとても大事だと思います。


例えば、子どもが病院にかかり問診票に「家族にOOOの病気を持っている人はいますか」と聞かれている場合、それは血の繋がりのある人の情報が必要とされているわけで、精子ドナーと家族の病歴を知っていないと書けませんよね。
そういった情報も得られません。


精子ドナーとその家族の医療暦がドナーとして却下されるような大きなものでなかったとしても「知っておきたい」情報はあります。


また、すぐには精子提供(AID) が受けられないのが現状だそうです。ご主人が無精子症のため、精子提供を受けるのならここに行って、と別の医療機関を紹介されたものの、初診の予約を入れるのにもう1年以上も待っているという方がいらっしゃいました。


この待ちの時間、異常ですよね。それも初診に。。。


少数の医療機関に患者さんが殺到してしまうので無理もないのでしょう。おまけに実際の精子ドナーは不足しているそうで、いつになることやらです。

これはどうにかして欲しい点ですね。何故かというと、待っている間に卵子の質がどんどん落ちていってしまう!!
からです。
授かるものも授からないという危機がある。


精子ドナーを使うのだったらせめて卵子は奥様のものを使いたいと多くの人は願うでしょう。


本当に待っている時間が勿体ないです。


4.独身女性、性同一障害(FtM)、レズビアンカップルは精子提供(AID)を受けられるの? 

残念ながら現時点では、日本では精子提供(AID) を受けられない状況です。でもアメリカで精子バンクで精子を購入しアメリカの医療機関で人工授精、体外受精を受けることは可能です。



5. 怪しい“個人の精子提供”の存在に注意 !!


「精子提供」と検索すると、個人で無償で精子提供をするというサイトが多く出てきます。40以上はあるそうです。


もっともらしい公的機関のような名前で精子提供サイトを運営している男性も居ますが、みな匿名で身元は明かされていません。


これらの男性はどのような目的で精子提供をしているのかは不明ですが、一番びっくりしたことは・・・


・駅の構内の公衆トイレで採精して精子を渡します。コインロッカーでのお渡しも可。


とか、


・性感染症の結果をお互いに交換した上で、タイミング方(実際の性行為)で提供します。


など目を疑ってしまうようなことが堂々と書かれています。



精子をこういった男性から入手している女性が現にいるのでしょうか。
子どもが欲しくてたまらないから?
手っ取り早いから?
どのような理由からなのでしょうか。


「抵抗感はある」人がほとんどといいます。でも
「そうでもしないと子どもが持てない」年齢的な焦りと現実がそこにあるのでしょう。



そしてなんといっても、このような精子提供の受け方には大きなリスクがあります。


リスクその1:性感染症の結果・・・これを提供者から見せてもらってもその精子ドナー本人のものか証明することは難しい。その結果に陰性と書かれていてもフレッシュ精子を使うことで、もしエイズウィルスに感染していても陽性と出ない時期の精子を使う可能性がありとても危険。子どもへの感染のリスクもあり。



リスクその2:自分でそのような精子を注射器で体内に注入・・・子宮内膜炎、卵管炎、腹膜炎を起こすリスクがあり。



危険なことなので、精子を個人的に提供するという人からは絶対に精子提供を受けないで欲しいです。


6. アメリカの精子バンク

さて、なぜここでアメリカの精子バンクの説明をするかといいますと、
その理由は、日本の精子提供(AID)と比べいくつかメリットがあるからなのです!


アメリカ精子バンクでの精子購入のメリットとして

・購入には待ち時間はありません。

・シングル女性、性同一障害(FtM) 、レズビアンカップルの方も利用でき、人工授精や体外受精が可能です。

・精子ドナーの情報をもっと見ることが可能です。
血液型はもちろんのこと、身長、体重、趣味や得意なこと、顔の写真、本人や家族の病歴・体型、髪質、学歴(学位)、
性格判断、本人の書いたエッセー、声が聴けるなど。(ドナーにより無い項目もあり)

・精子バンクに登録されているドナー精子は厳しい審査や検査を経てきている精子です。
(性感染症はもちろんのこと、遺伝カウンセラーが精子バンクには居て、家族の病歴や人種からの判断で遺伝子病の検査を受けている)

・出産に至った場合、精子バンクに伝えておくと医療的な重要事項が将来ドナーに発生した場合、依頼者さんに知らせてくれるというシステムもあります。

・オプションですが同じ精子ドナーから提供を受けた人達の横のつながりも持てます。Sibling Registry(シブリング・レジストリー)という兄弟姉妹登録を利用することで将来何かしらの横のつながりを持ちたいと思う時が来るかもしれないですね。


一言で精子提供(AID) と言っても、日本とは全くタイプの違う精子提供だということがお分かりでしょうか。

そして、ミラクルベビーでは日本語でのご説明はもちろんのこと、アメリカの精子バンクでの精子購入から精子移送のお手伝い、皆様が安心して医療行為が受けられますように最後まで寄り添ってサポートいたします。

ミラクルベビーへのお問い合わせはこちらから

精子提供・卵子提供・代理出産コーディネート
Miracle Baby公式サイトはこちら▶

↓いつも応援ありがとうございます。
↓不妊にお悩みなのは、あなたひとりではありません。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
【2018/05/20 09:00】 | 精子提供 AID 精子バンク | トラックバック(0)
コロラド代理出産 その7

今回の代理出産代理母にはお子さんが3人もいる。
その上、夫はいない。



でも、代理母のお母さんが、この家族をずいぶんサポートしてくれて
いて病院にも2人の子供を連れて来ていたので
話をした。



私はずっと前から、娘はいつかこういうことをする子だと思っていたの。
代理母になる話を私にしてきた時に、
「あなたにぴったりじゃない」と言ったのよ。



すごく芯のある強い子で、
一人親だけど、子供たちもしっかり育てているのよ。
子供たち、みんなとても良い子なの。



本当にその通りで、騒ぎもせず、お母さんの病室でも静かに2人だけで遊んでいて
関心した。



後日母乳を受け取りに、依頼者さんが代理母の自宅へ行った際も
お母さんも、代理母の子供3人も一緒にいて、家族みんなが赤ちゃんを囲んで
「今、かわいがってもらっています」と
依頼者さんからうれしいメッセージが入った。


なんともほほえましい交流です。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

精子提供・卵子提供・代理出産コーディネート
Miracle Baby公式サイトはこちら▶

↓いつも応援ありがとうございます。
↓不妊にお悩みなのは、あなたひとりではありません。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
【2018/05/08 07:59】 | 代理出産 | トラックバック(0) | コメント(0)
コロラド代理出産 その6

代理母は出産した翌日には、病院を退院して自宅に戻りました。
4-5日たったころ、
「母乳が少しづつだけど、出たしたの。たくさん出るようになったら
またお知らせしますね」とメッセージがはいりました。



赤ちゃんにとっては、母乳はとても良いものなので少しでももらえたら
うれしいですね~。



母乳は通常は代理母は搾乳器で搾乳したものをくれます。
大体のケースは1日置きに依頼者さんが、代理母の家に受け取りに行ったり
代理母が依頼者さんの滞在しているホテルに届けるように
アレンジすることが多いです。



この搾乳のお礼というのも、代理母との契約にもよりますが、
1週間に300ドルくらい払うことが多いです。



前に代理出産エージェンシーに、代理母は赤ちゃんに直接お乳を
あげない方がいいんでしょう?
と聞いたことがあります。


それは直接授乳することによって、赤ちゃんへ感情がわいてしまうから
離れるのが辛い。。というように、昔読んだことがあったので。



でも、エージェンシー曰く、今は直接授乳してもそんな心配はしないの。
代理母も母乳の出が悪いと、赤ちゃんに吸ってもらうことで
ヘルプになることが多いし、なにせ母乳がどんどん出ると
自分の体も回復が早いので助かるのよ。
代理母は感情が移入しないように、しっかりと意識をもっている
人達なの。
心配しないで。


ということでした。


なるほど~。


まあ、代理母も依頼者さんもそうしたいという希望が一致した時だけですが。


今回は搾乳がうまくいっているようで、まずは代理母が依頼者さんに届けてくれることに
なりました。



優しさに感謝です。
有難うございます。



依頼者さん曰く、
「母乳を飲みだしてから赤ちゃんの顔がしっかりしてきたような気がします」



魔法のミルクですね。

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

精子提供・卵子提供・代理出産コーディネート
Miracle Baby公式サイトはこちら▶

↓いつも応援ありがとうございます。
↓不妊にお悩みなのは、あなたひとりではありません。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
【2018/05/04 05:57】 | 代理出産 | トラックバック(0) | コメント(0)

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby

アメリカ在住26年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています(▼ミラクルベビー公式サイト)。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

【ラジオ出演】

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。

前半

後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク