ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
先日、精子が無くなってしまったお客様がいらして
その方から「精子バンクに日本人のドナーはいるんでしょうか」
との質問。





早速、ラボに紹介してもらった精子バンクのウェブサイトで
一緒に調べて見ることにしました。





たくさんのドナーの中から自分の条件をひとつひとつ
入れていって搾り出していきます。






人種、目の色、肌の色、髪の質までことこまかに
項目が分かれています。






日本人を選択したのでそんなにびっくりするほどの
数は出てこないだろうと思い、
クリック!






5-6件出てきました。
でも良く見るとハーフチャイニーズだったり、ハーフコリアンだったり
します。






まあ、日本人の血が入っているということで検索
したのですが
ご本人はまず、「100%日本人の血」を
優先されているので、その方の
プロフィールを見ることに。






30代半ば。教育のバックグラウンドも
ちゃんとしているし、痩せ型で・・・。
スポーツも好きらしい。






英語で書いてあるプロフィールを
訳して読んであげていると、
その方も横からちらっと英語を覗き込んで
「男の兄弟って書いてあるから男が生まれる確率が
高いんでしょうかね~?」






この方は女の子がご希望なんですよね。
だからPGDもされる予定です。
ま、そればかりは今の時点では何も
わかりませんよね。





その方が書いた直筆のエッセーも見ることが
できました。





でもその方は写真の公開をしないということで
見ることができませんでした。






アメリカの精子ドナーの中には現在の写真は伏せても
幼少のころの写真を公開する人は結構います。





写真を見てみたい気もしましたが、
ご本人も「仕方ないよね。見ないほうが
逆に決められそうだよ」
と笑っておっしゃっていました。






他の人はいるかな、っとみて見ましたが
なんとピュアな日本人の同じ血液型のドナー
なんとこの方一人だけでした。






ここロサンゼルスの大都市でも日本人となると
こんなに狭まってしまうのです。
様々な検査にパスしない人もおおいのでしょうね。







この方もすでに検査にパスされているドナーなので
そのままドナー番号を伝えれば1~2時間後には
受け取り可能といわれました。





もっと選択肢があると考えていたものの
アメリカで日本人精子ドナーを探すのは
結構大変なのかもしれませんね。
アジア人と枠を広げれば別ですが。
スポンサーサイト
私たちの年代の親も70台にさしかかり
自分の不妊治療の上に
親の病気の心配などもしなくては
いけない人、たくさんいらっしゃると思います。






親が心筋梗塞や心不全などの危険があるという方、
もし、親が突然倒れて、心臓が止まってしまったら
どう対処したらいいか考えられたことがありますか?







先日こちらロサンゼルスで心肺蘇生方(CPRといいます)の
日本人インストラクターの方のスピーチを聞いてきました。






心肺蘇生法とは、呼吸が止まって脈もない、あるいは
止まりかけている状態の人間を救うための技術です。





よくテレビでは見る、人工呼吸や胸の間(心臓のあたり)
を強く何度も上からおしている、あれです。





心肺停止後、最初のこの心肺蘇生法が正しく行われるか
否かによって生死を分けることにも直結するといいます。






このような方法の認識度が日本とアメリカがあまりに違うと
いうことをおっしゃっていました。






このCPRの資格を持っている人は仕事とは関係なく
一般人にも普及しておりアメリカにはたくさんいます。
スピーチを聞いていた日本人20名の中にも3人も
CPRの資格を持っている人がいたくらいです。






そして心肺停止後1ヵ月後に生きている確率を
救命率というそうですが、日本では3%に対して
なんとアメリカは20%だそうです。






倒れてから心臓停止後約3分で、何もしなければ
50%の人は死亡し、呼吸停止後10分後に50%の人
が死亡するそうです。






救急車はそんなに早くくるのでしょうか?
来るまでに家族の命を救えるのは私たち
だけですよね。






実際にクラスも$60で開講されているそうです。
実際にそういった状況に遭遇したときに
あわてないように何度も繰り返し参加することが
重要ですね。
詳しいCPRの内容はこちら
帰りの車の中、どうやって主人に話そうか考えていた。






代理出産を決めてから、夢を抱いて
私たちにも道があったことを
あんなに喜んでいた彼。






「これにかけようよ」
成功する気になっていた私たち。






卵巣も子宮もだめだとしたら、私たちには
養子という選択肢しかないのか。






ドクターはそこまではまだ何も話してくれなかった。






数ヵ月後の次回のトライまで自分の精神が持つかという
気もちにもなっていた。






代理母の妹も、結果を楽しみに待っているのを知っていた。
彼女もドクターの指示通り、子宮の内膜を厚くするよう
準備に入っていた。






なんてこった・・・。





こんな一人のいらいら、絶望をかかえひとり家に帰るが
耐えられず、車を駐車して車の中から
彼の仕事場へ連絡した。






「ねえ、私の卵巣薬に反応しなくて、今回は卵子
数ができてないって。」






「ふーん」(なによ、その返事は)






「だから、今回のサイクルはキャンセルして
次回にかけたらって、先生が」





「いくつできたんだよ」






「3つ」





「それでやろうよ」






「でも3つの卵子が見えてもそれが受精する確率と
移植できる質かってことを考えたら、うまくいってひとつ
移植できるかだって。
だから、そのひくい可能性に多額のお金をかけるのかって
いうことよ」






「そうか・・・・」暗い、暗い返事である。
お金があったらこんな低い可能性でも試すのにね。
とにかく、ここで無駄となるであろうサイクルに
何千ドルもかけられない。





「じゃ、数ヵ月後に頑張ろうよ。まだドクターに絶望といわれた
わけじゃないんだからな」






励ましてくれたので、なんとか運転する元気になった。
あとは・・・妹への報告である。
みんなが協力してくれて応援してくれたのに
なんとも情けない結果で気が重いのである。
*続く*
56歳のお母さんが娘夫婦のために代理母となり
3つ子を出産したとのニュースがありました。
アメリカオハイオ州でのことです。






この娘夫婦にはなんと18歳と15歳の子供がすでにいるという
のだからびっくり。





娘のブログにお母さんの写真が載っていますが
やせているので、この体で3人も妊娠したとなると
それはそれは大変だったでしょうね。




勇気あるお母さんはこちら






2つの受精卵が着床し、双子と思っていたがそのひとつがまた分裂し
生まれたのは一卵性双子ともう一人ということ。






2ヶ月も早く生まれてしまったそうですが
代理母、子供ともに経過は順調とのこと。






40歳でも「出産が体力的に心配」と思っていらっしゃる方
がとても多いのですが、このニュースをみて
勇気がわいてきますよね。
さて、セミナー会場では、子供への告知に関して
多くの質問が飛び交っていました。






アメリカでは養子を受け入れた夫婦が、他人や子供に
養子だということをオープンにしている光景が一般的でもあるので
自分と親に血のつながりがないという点については
少しは抵抗があるが、そんなに大きな問題としては
取り上げられないのではないかと
勝手に想像していました。






が、今日の参加者のカップルはみな、この点について
「みんな、どうしているのか」
「いつ子供に言うのか」
「言わないでもいいものか」
と心配されており、サイコロジストがそれについて
回答をしていました。






まず子供に言わないでおきたいという方は
絶対に周りの家族、友人などにも一切ふせておくこと。
他の人から漏れた時の子供の心情を考えよ。





しかしながら現在では簡単に血液型などから
自分が親とは血がつながっていないことが
わかることもあるので、その点は心得ておくこと。
わかったときにどのように対処するのかを
考える。






また子供に言わないでおけば、万が一ということで
将来血のつながった子供同士が結婚し、
子供を授かることも想定しなければ
ならない。きちんと親が血のつながった子の情報も
もっていることが必要である。






また、子供のドクターには血のつながりがある親の
医療情報をわたしているので、その点で子供が内容を
不審に思う。





などなど、
言わないことで、特別に気をつけていければならない点は
結構あります。






子供は自分のルーツを知る権利はあるので
それを伝えることは悪いことではない。
でもそれは時期や言い方を考えなければならない。






これらの点は、受精卵の寄付を受ける前には
夫婦はサイコロジスとのカウンセリングを受け
話合うことが必要となります。

*続く*

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク