ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体外受精で待望の生命を授かったと喜んだ夫婦に
「他人の受精卵移植した可能性がある」と
病院側からの知らせがあった。





香川県立中央病院での出来事だ。






担当医は61歳の体外受精を今まで1千件以上も手がけていた不妊治療の
専門家。






作業台で受精卵の成熟状態を確認した際、別人のシャーレに入った
受精卵と取り違えた可能性が高いと判断された。






この担当医は昨年10月中旬、女性の経過が順調なことに
「この女性は受精卵が発育しにくい傾向にあるのに」
と思いはじめた。そして自分のミスを疑い始めた。





どうやら、シャーレのふたには名前の記載があったが
受精卵が実際に入っている下のほうには名前の記載が無く
ふたをとって作業をしていたので、間違いが発生したらしい。






不思議に思ったのがニュースでは「取り違えた可能性」という
あいまいな言い方でしかない。






夫婦には「別人の受精卵の可能性がある」という説明で
中絶をすることになったのだが、「可能性」ということだけで
納得されたのだろうか?






そこには、報道されなかった決定的な「間違い」であるという
事実があるのだろう。






そし自分の受精卵を間違って他人に入れられてしまった
もう一人の女性にはだいぶ時間がたってから
話がされたとのこと。






受精卵といっても「命」である。
シャーレの中に入って肉眼では見えないもので
ものという扱いになってしまっているのではないだろうか。
体外受精が増えた今、もう一度医療現場では
そのことを考えて欲しいと願う。






今、体外受精を実行中のカップルには
不安がつのるニュースだった。






私も常に卵子提供移植の場に立ち会うが
受精卵を移植する前には、受精卵を準備する
エンブリオロジストがドクターに名前を確認、
患者に名前を確認、患者がしている名札のような
タッグとも確認、何重にもチェックを重ね
間違いがないようにしている。






人間だから間違いは起こる。
それをどうやって防いでいくかという医療現場の
念入りな確認体制を強化して欲しい。
スポンサーサイト
先日の8つ子ちゃんの誕生から、まだまだ
その家族について色々なニュースが
報道されています。





聞くたびに、「えっ~、そんな~!」と
びっくりするような話なのですが
8つ子の母親は現在6人の子供たちと、自分の
親の家に一緒に住んでいるそうです。






その家は3ベッド、2バスルームで
総勢14人の子供と一緒に住むには
それはもう小さすぎるとしか
いいようがないですね。






そのおうちのローンも昨年から
支払いが滞っていて・・・という話。
テレビはこちら




このままいくと銀行差し押さえとか?
背筋がぞっとする話です。





どうするんですか~。
14人の子供が家なき子になってしまうなんて
もう目もあてられないですよね。





ため息がでるニュースでした。
ご主人が精子採取にと奥の部屋に入られた後
私はご夫婦からの手紙を開きました。






そこには、とても小さな字でびっしりと丁寧に書かれた
文字が並んでいました。






「りこさん、今までのあなたのやさしさとサポートに感謝しています。
全てがスムーズにかつ、時間通りに進めたことをうれしく思っています。






あなたのサポート(ドナーの方に薬を届けてくれたり、
ドクターのところに彼女と一緒についていってくれたり)
は私たちが期待していた以上でありました。






なぜ、どのドナーを選ぶかということより、どのエージェンシーを選ぶか
ということのほうが重要だといわれているのかが
今わかりました。






・・・・・私たちが親になるという希望を与えてくださり本当に
有難うございます。」







ひとつの生命が受精によって誕生するというこの日、このような心温かい
手紙を頂き、本当に胸があつくなりました。
病院の待合室でぐっと涙をこらえました。






カップルから卵子提供の依頼を受けてから数ヶ月、ドナーの方とドクターと
一緒に、みんなで大きなプロジェクトを成功させるために
頑張ってきました。






小さいけれど力強い命が、着床することをお祈りしています。
ご主人が到着し
「たった今、ドクターがこられて、今から採卵するっていって
られましたよ」






「あーそれはよかったです。これ、ドナーの方にお手紙と、
それからりこさんにもお手紙です」






ご夫婦がドナーの方への感謝の気持ちを手紙に
たくしてくださったのです。
それと、私にまで・・・!
うれしいです。






なぜ二人の子供ができないのだろうと、不妊治療に苦しんでた
あの頃。






卵子提供という道を二人で選び、とうとうここまでやってきたという
感慨深い気持ちでこのお手紙を書かれたのだと思います。






この日がお二人の人生の中でも本当に意味のある日だという
ことを考えられずにはいられません。






お二人のお子さんとなる小さな命が今日受精により
生まれるのですから。





ご主人に
「私もあなた方のような素敵なご夫婦にめぐり合え
そしてそのサポートが出来たことをとても
うれしく思っています」
とお伝えした途端、
なんだか、この日を迎えられたことが本当に
うれしくてうれしくて、胸が熱くなってしまいました。





まだ終わってはいませんが、今日の採卵
受精全てがうまくいくことを祈っています。






そして、彼は精子採取にと呼ばれていきました。
採卵のその日、朝7時にクリニックに行かなければ
ならなかったので、ドナーの彼女のところに
夜もまだ明けぬ、5時40分にお迎えにいきました。







あいにくの雨で、おまけに渋滞して・・・
こんな早いわりには到着するのに時間が
かかってしまいましたが、20分前には
ついてよかったと思いきや・・・






クリニックは私たちに7時にくるように
といっておきながら、ドアはまだ開いていない・・・。






「アメリカのクリニックにありがちですよねー」
なんてドナーの方と話しながら
車で待っていました。






7時すぎになってようやく入れてもらえ
書類にサインをしたあと、採卵準備へ。






いままでのお薬のあまりを全部ナースに返し、
彼女は麻酔の準備へ。





ドクターが待合室で待っている私のところへ
来ました。






「彼女は準備が整って、もうすぐ採卵するよ。
ぼくは彼女の卵胞をどんなに小さいのでも
全て取り出すからね。
そのほうが彼女の回復のためにも
あまり、おなかも腫れなくてすむからね。
あとで数だけ聞いてびっくりしないでね
小さいものも含んでの数だから。」







「ドクターよろしくお願いします!」






私はあと少しで到着する依頼者のご主人を
待合室で待つことにしました。
アメリカ カリフォルニア州での八つ子を産んだ
33歳の女性が初のテレビ出演。





U-Tubeで見ましたが、インタビュアーからは
とても批判的な態度で質問をなげかけられていました。
テレビ出演はこちらから






彼女には夫がいなかったんですね。
びっくりしました。
14人をひとりで・・・?
精子ドナーは既にいる6人の子供の遺伝子的
父親と一緒だそうです。





世間からは”とても自分勝手な責任感のない親”というように
見られているのよ。
みんなをサポートできるだけの、確定した収入源がないのに
一体何を考えて、この世に8人の子供を誕生させたの?
と強く言われています。





が、負けていませんねえ。






結局彼女は6個の受精卵を移植し
8人生まれたわけなのですが
多胎妊娠については
「リスクをとった。ギャンブルしたのよ」
とさらっといいのけています。






彼女にとっては、生死をさまようかもしれない
といった覚悟ができていたと思いますが
もしも、14人の子供を残して
自分だけ死んでしまったら・・・ということは
考えなかったのでしょうか。





そう考えるとぞっとします。
生きていたからよかったものの、もし亡くなってしまったら
やはりドクターの倫理観がつつかれるでしょうね。





それにしても、6個の受精卵から8人生まれたって
いうのだから、すごい着床率。
前回6人生まれたときも6個の受精卵を入れたって
言ってました。
これも100%の着床率。






子供が出来ないで体外受精したというより
ただたくさん子供が欲しいので
誘発剤うっていたのでしょうね。






ひとりがなかなか授からない人もいれば
一度に8人も授かる人がいて
なんて、不公平なんでしょうねえー。
ドナーの方が、Lupronを10日間
その後、Follisitmを追加、
3日後にMenopurを追加し
投薬開始後から18日が経過しました。






彼女は「今まであっという間でした。」
といってられましたが、
本当に薬が始まってからはすぐに
採卵がやってきます。





とはいっても、
依頼者のご夫婦にとっては
待ち遠しい3週間なのでしょう。







さてさてまずは超音波検査です。
ドクター「おなかが張っていますか?」
ドナー 「はい」
ドクター「ほんとうだったら、かわいそうに・・といいたい
ところなんだけどね、このときばかりは悪いけど
”よかったね”というよ」






超音波では、卵胞が全部で23個確認されました。
「わーたくさん!」
大きいもので16mmです。






でも明日もう一度診たいといわれ、明日再度検診に
くることになりました。
HCG注射を明日打つことになります。






これは筋肉注射なので、おしり(腰のあたり)に
打たなければなりません。
看護婦さんに打つ箇所に丸をかいてもらい、打ち方を習い
ちょっと不安を抱えて帰ったドナーさんでした。
腰をちょっとひねって打たなければならないので
「一人で打てるかなあ・・・・・」






彼女と別れて、依頼者の奥様にご報告。
「23個の卵胞が見えましたよ。
明日HCGです。」






「うれしいです。ドナーの方には頑張って頂いて
いるので感謝しています。
有難うございます!」






内膜の暑さも順調だそうで、フレッシュサイクルに向け
準備万端です。
tori.jpg


卵子提供経験者、ともこのブログコーナーです。



卵子提供を決意した後、
アメリカ人エージェントのSさんから
手渡されたものは、まず契約書だった。



契約書ときくと、なぜか
堅苦しい法律用語が連なっていて、
意味が理解しにくいイメージがあるが、
これを無視しては物事が成立しないのが
アメリカ社会。



人間の感情はさておき、
まず、お互いの立場を
法律上保護するとでもとったらよいだろうか。



「この契約書を読んで、
質問があったら教えてちょうだい。」
とSさんはストレートに言った。



アメリカ人のエージェントとの契約。
依頼者夫婦との契約、
不妊治療クリニックとの契約。



目を通さなければならない書類の多さに
たじろう。


そして、日本で使うハンコの代わりに、
自分で署名(サイン)をする。



物事に始まりと終わりがあるのなら、
この契約書がわたしの卵子提供治療の始まりだった。


(つづく)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

アメリカ・カリフォルニア州で、1月末に八つ子を生んだ女性には
すでに6人の子がおり、14人全員が体外受精で生まれた子供
だったことが報道され明らかになりました。






女性は33歳。
6人もすでにいて、なぜ不妊治療の必要があったのか
費用の出所はどこか、などという
冷ややかなコメントも多く寄せられているといいます。






米生殖医学会では受精卵を子宮に戻す際、多胎出産の母体と
子供に対する危険を考えガイドラインを定めています。






妊娠の確率を上げるためといっても8個(または
それ以上かもしれないですよね)
受精卵を入れたということは、どのような
心理だったのでしょうか?






規制がゆるやかなアメリカではありますが
八つ子の出産に対しての倫理観について
専門家は厳しくみているということです。
AB型のエッグドナーを募集しています。






資格・適正は
* 年齢20歳から32歳までの健康な方
* 責任感のある方
* 遺伝性疾患、性病を含む感染症の無い方
* 精神安定剤、不法薬物を服用していない方
* 自己注射に耐えられる方
* タバコを吸わない方
* 基本的にアメリカ在住の方
* スケジュール調整が可能な方






ですが、過去に1人でも子供を妊娠または出産された方は歓迎します。






不妊で悩むご夫婦の力になってください。
AB型の人口は特に少ないので貴重です。
どうぞよろしくお願いします!

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。