ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
アメリカ合衆国又は、その他の先進国で、
未婚で子供を持つ女性の数が急上昇している。






合衆国では、出生の40%は未婚の母からで、
その多くが二十代の女性で、十代の少女ではない。





調査によると、合衆国では
2002年から2007年の間で
婚外出生は26%も増加。





ちなみに1980年は
婚外出生率は18パーセントだった。






増加の原因は明白ではないが
CDC全国健康統計センターの責任者Ventura氏いわく、
一つの要因として、






結婚しないで子供をもつこと自体が
もはや「非難の対象にならない」
という社会現象であるかもしれない。






社会全体が「未婚の母」を認めないという傾向も
この10~15年のあいだに
失われつつあり、現在はさらに拍車をかけてい
しかし、そういった傾向も心配されているのも事実。






未婚女性から生まれてきた子供は、出産後のリスクが高い。」





「子供達は、出生時の体重が平均よりも低く、
未熟児だったり、幼少で死亡する確率も高い。」





他の調査では、両親が共にそろっている
家族に育てられたほうが、
より暮らし向きがよいことを示した。





「20年間にわたる社会科学の調査では、
一般的に、子供達は、喧嘩がすくなく、愛情があり、
両親ふたりそろっている家族から育てられたほうがよい、」
という結果がでている。






避妊教育のみならず、
子供を持つことに対しての責任への
教育が必要になってくる。





と、5月13日付けのHealth Dayを要約してみましたが
みなさんは、未婚の母についてどうお考えですか?





アメリカ社会は、時代とともにそういった女性達を
差別化しないで、認めていく傾向にありそうです。





アメリカでは、離婚率がとても高いので
シングルマザーに対しても社会は
あまり特別な目では見ていません。





ただ、ひとりで子供を育てていくということは、
大変な苦労がつきまとうでしょうね。
周りに親兄弟などの協力なサポートがなければ
難しいですね。





調査では、
両親の愛情をたっぷりと受けて育てられた
子供は生活や情緒の安定につながると
出ていますが、
心理学者のデータによると、片親だから
十分な愛情を受けていないということは決してないそうです。





無責任に子供を産むことは決してよくないです。
自分のことで精一杯の人生に、子供ができると
それはそれは大変なことです。




が、責任を持って十分な愛情を持って育てていく
女性に対しては世間は「がんばって」と
エールを送ってくれます。

スポンサーサイト
blue flower 1
卵子提供経験者、ともこのブログコーナーです。






卵子提供のドナーになるには、
医療検査がある。
まずは、血液検査。




注射針が苦手なわたしは、
おもわず視線を自分の腕からそらす。





「うわ~。たくさん。」





私の視線は、その一箇所に集中した。






血液の検査室からみえる通路の壁に
たくさんの「赤ちゃんの写真」が、
ぎっしりと、まるでコラージュのように貼られているのだ。






(可愛い…)






注射針の傷みも
飛び消すかのように散ってゆく。






きっと、この不妊治療院に通ってた
夫婦の方々が送ってきた写真なのだろう。





双子や三つ子の赤ちゃんの写真も
あちこちに見受けられるところが、
不妊治療の特徴のようにも思えた。






もう一つ面白いなとおもったのが、
「試験管ベビー」を描いた
大きなポスターがはってあった。






「試験管ベビー」という言葉が、
初めて私達の耳に入ってきたのは、
もうかれ30年前の話だが、
子供ながらに覚えているのは、
好奇心めずらしさからか、メディアを通して、
いろんな中傷や批判の対象になっていたということだ。







そんな「体外受精」もいまでは、
一般的に行われている「不妊治療」になった。






卵子提供」という言葉さえしらなかった私だが、
この「卵子提供」も、いつか日本の社会にも
受け入れられる日が来るのだろうか。






そんなことが、頭をよぎっているうちに、次は尿検査。






それから、看護士がきて
「こちらの部屋へ入ってください。」と言った。
通されたのは、患者専用の個室部屋だった。
(つづく)
卵子提供経験者、ともこのブログコーナーです。





その日、午前7時の予約に間に合うように家をでた。






シングルマザーの私は、
眠気が覚めぬ5歳の息子を抱いて、
車に乗り込み、6時すぎに託児所に預けた。





外は、まだ薄暗い。





いつもと違うフリーウェイ。





初めていく不妊治療院。





このクリニックで、わたしが、卵子提供者として、
適切かどうか判断する、
医療検査をうけことになった。






ロサンゼルス近郊にあるパサディナという街。
古い街並みと、新しくてオシャレな店がうまく調和している。
治療院は、そんなオシャレな繁華街の、
少し離れたところにあった。






でも、方向オンチのわたしは、
まだ見知らぬ街では、
いつも以上に運転に気を使い、
その街並みを楽しむ余裕すらない。






不妊治療院のドアをあけると、
すぐ待合室になっていた。






何人か、患者さんが待合室に座って、
雑誌を読んでいる。






すると、タイミングよく、
卵子提供エージェントのSさんが
待合室にはいってきた。






彼女は、わたしの初めての検査ということで、
いっしょに来てくれることになり、
わたしも心強くなった。





彼女は早速、受付のひとに手際よく私のことを紹介してくれた。





「これから、採血をしますので、こちらの部屋へきてください。」
と看護助手のひとに連れられて、
血液検査の部屋へ入った。






注射の針は実のところ苦手だ。







針がチクリと腕に差し込む瞬間、
おもわず、視線をそらし、周りをみわたす。




「うわ~。」





すると、私の視線は、ある一箇所でとまった。 (つづく)
British Mom

英国で66歳になる女性が、妊娠したという。





彼女は、卵子を他の女性から提供してもらい、
体外受精により妊娠したのだ。





出産予定日は、
彼女が67歳の誕生日を迎える少し手前で、
男児が生まれる予定。





英国では、50歳以上の女性は
不妊治療を受けられないので、
彼女はウクライナ(彼女にとっては外国)の
クリニックまでわざわざ足を運んで、
卵子提供を受け体外受精により妊娠した。





この女性は、裕福なキャリアウーマンだが、
1990年に離婚をしているので、
英国に家族はいない。





現在妊娠8ヶ月になる彼女は、友人達に、
「自分の財産を残してあげる子供がほしい」
と打ち明けたとも報告されている。





彼女がDaily Mail で、
子供を育てるうえでの援助不足とかは、
それほど心配してはいないと述べている。





「自分の面倒くらいちゃんと見られます。
何年もそうやって過ごしてきたんですから。」





「赤ちゃんと私だけ。
他人はわたしのこと理解してくれなくても、
わたしは気にしません。」





彼女の妊娠は、リスクの恐れを警告している
医師たちを唖然とさせた。





それでも、彼女は、自分は健康で
子供をもつ自信があると主張する。





「英国で一番年齢が高いママになることは
それほど気になりません。」





実際の年齢がどうのこうのというよりも、
自分自身が内面どう思っているかっていうほうが大事。
あるときは、39歳に感じるし、あるときは56歳のような気分になったりするものです。

本文参照-news.com.au05/18/2009より (要約・翻訳-ミラクル・ベビー)
写真-dailymail.co.uk 05/18/2009より

*************************

この英国女性は、
「生まれてくる子供の立場になって考えていない。」
「自分勝手な決断」などと
メディアやインターネット上では、
結構バッシングの的になっています。





そんな彼女。こどもが10歳のときには、77歳になる想定。
さてどうやって子供を育ていくのか?と思うところですが、
彼女は、もうすでに住みこみのベビーシッターを雇っているそうです。






子供を生む年齢に制限はあるのでしょうか?
そして、誰がそれを決めるのでしょうか?





人間の寿命が延び、医学がめざましく進歩した今の時代。
彼女のような例が増えるにつれ、
こういったことが世の中の課題になっていきそうですね。
nia_vardalos2.jpg





マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」で知られる女優、
ニア・ヴァルダロスは、母の日に
3歳の女の子を養女として迎えた。







「何年も子供をもちたいとおもっていたわりには、
実際14時間の知らせしかもらえなくて…
それから、小さな女の子が我が家に来たというわけ。」
このように二アはPeople.comで答えている。 






二アは、何度も養子縁組を試みたが挫折し、
今回やっと、夫のイアン・ゴメズと
養子を迎えることができた。








「ある夜電話が鳴ったの。
ソーシャルワーカー(社会福祉指導員)が
3歳の女の子と条件があったからって」
と彼女は明かす。







そして、その養女になる子は、
翌日に到着する予定になったという。







「ベビー・シャワー(出産前のパーティー)もなければ、
家族や友達に話す時間もなく、
彼女(養女)の到着の準備がぜんぜんできなかったの。」






「その気分の高まりといったら言葉にできないわ。
嬉しくて、顔がゆがむほど笑って、
親業に突入したのよ」と二アは言う。






その養女を「マニュアル(説明書)なしで来た」
と冗談をとばす。






「彼女の表情やかんしゃく、
小さいこと一つ一つが面白くて、
素晴らしくて、全て喜びに感じたわ。」






二アはPeople.comで、その養女を教会に連れって、
牧師が養子縁組に対して、
特別な祈りを捧げてくれた時は、
胸が高鳴ったという。







その牧師は、彼女にこう伝えた。
「今日あなたは、子供を授かったのです。」
それを聞いて、どっと涙がでたの。






「全ての悲しみ、全ての怒り、
これからの長くて、大変な親業に対する不安。
それらが、涙となって流れ落ちた後、
心が穏やかになり感謝の気持ちにかわっていったのよ。」
***********************************************
Entertainment Tonight 05/10/2009 より
People.com 写真参照

翻訳: ミラクル・ベビー
ドナーの方からの体験談をご紹介します。





ルームメイトの友達が
「あ、注射の時間だ」といって箱を出してきて
注射を始めたのでびっくりして
病気なのか聞いてみたところ
卵子提供をしているといっていました。






不妊で悩む方の助けをしているんだ
ということだったのですが、
実際にその注射が何のことだったのか
よくわかりませんでした。





何度か病院に一緒に来てといわれて
つきあったこともありました。





少したったころ、依頼者の奥さんが妊娠したという
ことを聞いたようで、彼女はとても喜んで
私に色々説明をしてくれました。





私にも出来るか不安だったのですが
友達ができたのだから大丈夫だろうと
思い、登録をしました。





ドナーとして選ばれてからは友達のをみていたので
あまり心配はありませんでしたし
思っているよりやった方が簡単なような気がしました。





今思えば、採卵まではあっという間の出来事でした。
採卵後に、石原さんから依頼者の方からのお手紙を
いただきました。
英語で今までの大変だったことが書かれていました。
そのときに私のしたことの意味がもっと深くわかったような
気がしました。






私を選んで頂き有難うございます。
素敵なニュースを待っています。
匿名:Kより
larmstrong.jpg

ランス・アームストロング (自転車プロロードレース選手)は、
ミュージシャンのシェリル・クロウと
三年前に婚約破棄した理由を
今になって明らかにした。





彼のことが書かれた本が7月に出版されるが、
それによると、子供を持つかどうかということが、
彼らのなかで問題になったというのだ。





「彼女は、結婚をして子供をすぐつくりたかったんです。
僕は、僕らの子供をもちたくなかったわけじゃないんですが、
その当時はほしくなかったんです。
だって、その当時、僕は前の結婚に
やっと終止符をうったばかりだし、
自分の子供もいたからね。」





「でも、彼女が自分の子供を産める
年齢の限界に(体内時計)に達してて、
そのプレッシャ-が、二人の間に
亀裂を生じた」と語っている。






ツールド・フランスの優勝者である彼と
クロウは解決の糸口を探して、
カウンセリングを受けたが、
それもうまくいかなかった。





「僕達は、お互いの人生で、
異なる時点にいて、
その問題 (こどもを持つか、持たないか)に関して、
お互い譲れなかった。」





二人が別れたあと、クロウは、2007年5月に
息子 (ワイアット君)を養子にもらい、
一人で育てている。




そして、去年の12月、アームストロングは、
現在の恋人、アンナ・ハンセンとの間で、
6月に子供が生まれる予定だと発表した。

*************************
people.com 05/08/2009より

どんなに有名人でも、女性の体内時計は止まってくれない
のですね。
いつまでも若くてきれいでも、そのルックスとはうらはらに
確実に体内では何かが起こっているということです。





セレブの中では本当に養子をもらうこと、卵子提供を受けることは
やはりめずらしくないともいえますね。
卵子提供を受けられたご夫婦のお手紙を
ご紹介します。





ミラクルベビー 石原さん

今までのあなたの優しさとサポートにとても感謝しています。
あなたのおかげで全てがスムーズに、そして時間通りに
事が運び、本当にうれしく思っています。






私たちのこの卵子提供のプログラムに対するあなたの熱意は
本当に素晴らしいもので、あなたに会えたことが
とてもうれしかったです。






ドナーの方にお薬を届けてくださったり、ドクターのところへ
彼女に一緒に付き添ってくださったりというあなたの
サポートは、私たちが想像する以上のものでした。






今、やっと私たちはどのエージェンシーを選ぶかということが
どのドナーを選ぶかということよりも、もっと重要だということが
わかりました。






そして、ドナーの方もプログラムが進む中気持ちよく対応してくださった
ということを聞いて本当に良かったと思います。






私たちに親になるという希望を与えてくださり、本当に有難うございます。
(匿名:N&Jより)

ほとんどの卵子提供を受けたご夫婦は
生まれてきた子供に対して
事実を打ち明けない方向にいる。






様々な考え方があり、どうするかは
子供の性格、告知するタイミング、そのときの家族の
状況などにより、今考えていることから
変化する可能性もある。






告知しない方が、子供のため。
告知しないのは子供にうそをついていること。





何が正しいのだろう。
いや、何も間違っていない。
人の意見を聞いたところで
答えはみつからない。






最近 「卵子提供について子供に話す 2009」というトピックで
臨床ソーシャルワーカーが概況報告書をまとめた。






卵子提供の世界では、ここ過去10年ほどで大きな変化が起こり
この度最新版報告書を出すことになったとアメリカ生殖学会は
言っている。






結構長いのだが、少しずつみなさんに、アメリカでの
卵子提供の考え方を、この報告書に基付き
お伝えしていこうと思う。






卵子提供に対する考え方が変わるかもしれない。
時代の流れとともに色々と変化している事実を
知っておこう。

***********
最初に卵子提供でこどもが生まれたケースは
1984年にさかのぼります。
それ以来卵子提供によって子供を授かる親が
急激に増加しています。






それに伴い年々実際に卵子提供で生まれた
確かな子供数はわかりませんが1995年から2007年にかけて
およそ51,223人がアメリカでフレッシュサイクル(採卵直後の卵子)
で成功しています。
それと同時に12,157人の子供が凍結した卵子で成功を収めています。
これを全部あわせると63,380人の子供が卵子提供に成功しています。






しかしこの数は単に予想であり実際は双子や三つ子などが生まれる
ケースも多く、数的にはもっと多いと判断されます。
たとえば数人のこどもが生まれる可能性が35%とすると、
その数は85,500にも及ぶ数の子供が卵子提供で生まれたことに
なります。






オーストラリアとニュージーランドで生まれた子供は
1991年から2006年の間で90,000人を越すといわれています。
これもカナダ、イスラエル、ヨーロッパを含むとこれ以上の数になります。
(続く)
Sara 3

****************************************
ニューヨーク-(アクセス・ハリウッドより)

サラジェシカパーカーとマシュウー・ブロデリックは、
代理母を通して、双子の女児が生まれる予定だ。





サラジェシカパーカーとマシュウー・ブロデリックの関係者によると、
「今年の夏後半に代理母の寛大な助けによって、
双子の女の子の出産を予定しています。」
そして、「家族全員大喜び」だという。





この双子は、“セックス・アンド・シティ”のスターと
彼女の夫であり俳優でもある彼らにできた、
2番目と3番目の子供になる。





パーカー(44歳)とブロデリック(47歳)は、1997年に結婚している。





彼らには現在6歳になる、
ジェームズ・ウィルキー・ブロデリック君という息子がいる。





(omg! -Sccess Hollywood - 04/28/2009より)

*******************************************




アメリカの芸能界の間では、
養子や卵子提供、それから代理出産によって
子供を授かるカップルが珍しくなくなってきた。





もちろん、それは、一般人以上の経済力があり、
多くの周りのサポートが伴っていることも
無視できない現実だろう。






そしてこういったことを、隠さなくてもよい
オープンな社会と、メディアによる情報が
一般の人々に浸透してきた影響が多大にあるとおもう。

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク