ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回(パート1)で未婚で子供を生む女性の数が
アメリカ合衆国内で増加している話をしました。





さて、アメリカ以外の産業先進諸国はどうでしょうか?





CDC (Centers for Disease Control)は、
アメリカ以外の先進諸国を
1980年から2007年にわたり調査したところ、
婚外出生数が著しく増加していることがわかりました。






一番の増加がみられるのがオランダで、
次は、スペイン、アイルランド、イタリアと続きます。






アメリカよりも、婚外出生率が高かった先進国は、
アイスランド、スウェーデン、ノルウェー、
フランス、デンマーク、イギリスなどの国々です。






みなさんは、これらの国々のリストをみて、どんな印象をもちましたか?






わたしは、これらの国々は、
社会福祉が非常に充実しているという点で
共通しているように思ったのですが。





とういことは、独身でも子供を生んで、
比較的不自由なく育てていける
社会環境だということでしょうか?






それには、まわりの、「偏見の目」も少ないということも
重要なポイントとなってきます。





日本は他の先進諸国の二桁の数字と比べて、
婚外出生率は、わずか2%。





やはり、日本の「家族重視」の社会が、
この数字を象徴しているように思われますが、
みなさんは、どう思われますか?

*********

参照:HealthDay News 05/13/2009 
スポンサーサイト
現在の不妊治療はお金や時間がかかり、
また、身体的なリスク、そして精神面での負担が伴います。





他の方法として、古くから東洋で伝わっている、
治療と霊気(レイキ)が、
ここアメリカ合衆国で見直されてきたようです。





アメリカ人に、中国の治療や、日本の霊気(レイキ)が
見直されるとは意外ではありませんか?





治療は、中国で2千年以上、
男女両方の不妊治療として使用されてきました。
通常は、漢方療法と併合し、科学的な調査でも、
体外受精や卵細胞質内精子注入法の効果を
高める働きがあるという結果がでています。






治療、伝統的な医学、そして漢方の組み合わせが
不妊で悩んでいるカップルに効果があるそうです。
(American Pregnancy Association)





さて、治療の効果とは?以下のことがあげられます。
· の効果は、子宮内膜を含む生殖器の血液循環を向上させる。
· 神経伝達物質の効果を高め、それが脳と体によい影響をもたらす。
· 神経系を安定させ、それがストレスの解消につながる。





ただし、
APA (American Pregnancy Association – 米国妊娠協会) では、
鍼を刺すつぼを間違えれば、流産するおそれがあると警告しています。





やはり、経験があって、信頼のできる鍼治療師を
選ぶことが重要なポイントとなりそうです。





そして、不妊治療を、鍼治療だけに頼ってしまうと、
不妊本来の原因を見失ってしまう可能性がでてきます。
なぜなら、不妊は個人それぞれ違う原因があるからです。
鍼治療はあくまでも付加的な療法としてお勧めします。

********
参照:www.examiner.com “ Fertility treatment doesn’t have to be risky and painful” 
06/02/2009より
HealthDay News 05/13/09 号によると、
妊娠する前に、少なくとも一年間、葉酸(Folic Acid) をとることによって、
早産の危険性を50パーセント減らすことが可能だという結果が
テキサス大学の調査でわかりました。






ところで、みなさん、葉酸を多く含む食品をご存知ですか?
レバー、緑黄色野菜、果物などが、それらの食品ですが、
ただ、調理や長期保存をすると酸化して、葉酸が壊れるため、
なるべく新鮮な生野菜や果物がよいそうです。






この、テキサス大学では、実際、
葉酸のサプリ (Folic Acid)を使って調査をおこないました。
私の知る限りでは、米国の産婦人科は、
妊婦に葉酸を処方するのが一般的みたいですが、
この調査によると、少なくとも、妊娠する一年前から
とったほうがよいということです。






さて、早産についてですが、
米国では、約12パーセントが
妊娠37週前に生まれてくるそうです。





早産で生まれた赤ちゃんのリスクの例をあげると、
呼吸困難、学習又は発達障害などがあります。
生存率も、40週目にうまれてきた
赤ちゃんとくらべると低くなります。






妊娠前から、葉酸サプリをとることも、
出産計画のひとつとして考慮してよさそうです。


***************
参照:HealthDay News 5月13日号

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。