ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
卵子提供経験者、ともこのブログコーナーです。*

初めての卵子提供
依頼者のJさんは、わたしの卵子移植後、
妊娠にいたらなかった。





依頼者夫婦のことが頭から離れない。





面接したとき、
今までの想いを打ち明けてもらったこと。
涙ながらに感謝してもらい、
きれいな花束をもらったこと…





はじめは、もちろん「謝礼金」に
惹かれて受け入れた話。





だが、今は違う。





依頼者夫婦のことが一番で、
謝礼金のことは二の次となる。




こんなに苦労しても、
子供を宿ることができないカップル。
神様はなんて残酷なんだろう。




でも、これ以上、わたしにできることはない。
気持ちが悶々としてくる。
無念。





そんな中、月日は流れ、
いつのまにか、わたしのからだは、
正常にもどり、この最初の卵子提供の経験は、
日常の忙しさにまみれ、
色あせていった。





そして、数ヶ月たったある日、卵子提供エージェンシーの
Sさんから電話が入った。

(つづく)
スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

卵子提供を受けたご夫婦の赤ちゃんが先週生まれた。






忘れもしない、私のオフィスを訪ねられた時のご主人のことば。
ご主人は再婚であり、もう大きなお子さんが前妻との間にある。
私は彼に「なぜまた子供が欲しいと思うのか」聞いた。





「それは、子供を産んで育てるというのはものすごい価値があると
思うので、その素晴らしさを彼女に味わって欲しい。
自分はもう子育てを終え、充分味わってきたけれど
彼女はまだなんです」






周りには一度子育てを終えた再婚した男性は、子を欲しがらないと
いったケースをたくさんみていたので、
すごくこのご主人の言葉が心に残った。





過去を思い出してみれば、卵子提供を受けたが受精卵は成長が悪かったため、
急遽3日目の移植となり、とても複雑な気持ちだった。





奥様と、出産直前にランチをご一緒したが、
「私、受精卵の成長がおもわしくないと聞いたときも、
そこまでは落ち込まなかったんです。
とにかくやれるだけやったんだから、もうこれでだめでも
あきらめがつくなって・・・」
おおらかな気持ちで臨んだのがよかったのでしょうか。





これからは、双子ちゃんの育児、大変ですけど
がんばってくださいね!
卵子提供経験者、ともこのブログコーナーです。*

採卵を終えた後日、
エージェントのSさんから
連絡が入った。





「気分はどう?痛みはない?」





わたしの卵子を提供した
依頼者夫婦に、受精卵が
無事移植されたと言う。





そしてしばらくたったころ、Sさんからまた電話が入った。
「あの~、本当に残念なんだけれど、
妊娠無理だったわ。」





がく~。





なんて返事をしていいのかわからない。





Sさんは、わたしの卵子には、
問題はないと思うと言ってくれたが・・・・





罪悪感。





「すみません。もういちど、
トライさせてください。
謝礼金はいりません。」と私。





「その気持ちはありがたいけれど、
タダというけにはいかないわ。
あなたの親身な心は
依頼者カップルに伝えておくわ。」






Sさんの話では、今まで冷静だった
依頼者夫婦のだんな様のほうが、
結果を聞いて落ち込んでいるらしい。





今までの想いが消えてゆく。
現実はなんて残酷なのだろう。

(つづく)

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク