ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
economy_fertility.png

最近の少子化現象は、日本のみならず、米国でも起こっているようだ。




2010年08月30日付けのconceiveonline.com 
米国-不妊情報サイト)によると、米国のいくつかの州で出生率の低下が目立ち、
この現象は米国経済の悪化と高失業率の影響があるらしい。





イリノイ州の出産率は、1929年の世界大恐慌以来の低さで、
また、カリフォルニア州やアリゾナ州も似たような結果がでている。





米国での出産率は、女性1人あたりに対して、
2人から2.1人の子供が生まれる割合だったが、
この数は、2008年頃から下がり始めている。





米国人口統計局のMather氏は、
「多くの人たちは、子供ができたときは、
この不景気の影響をあまり感じていなかっただろう。」





「だが今は、住宅価格の急落や、
株価が下がってきたことに気づきはじめている。」
と語っている。





これらの州の出産率の低下の原因を決定づけるのは、
まだ時期的に早いかもしれない。
なぜなら、人口動態や経済状態、
また女性のキャリアも要素に
含めて考えなければならないからだ。





それにしても、米国は2008年から出産率が低下しはじめ、
今年の4月は、過去20年で最低の出生率となった。
人口統計調査員は、
「経済的に困難な状態が出生率の低下につながっている」
とみている。





私達日本人にとっても、この「少子化現象」は、
他人事とは思えない話題だ。





注)記事の翻訳に法的効力はありません。


スポンサーサイト
友人につきそって不妊クリニックに彼女の体外受精の相談にいった。
初回の相談だったので、まずは血液検査。







後日結果を聞くため、私が友人として代わりに電話をすることになった。
ドクターは、彼女のFSHは25以上だと伝え
「このFSHでは彼女はもう体外受精で自分の卵子は使えません。
ごめんなさい。私たちには何もできません」と
はっきりと言った。






生理不順からしばらく年月がたっていたが
まさか彼女自身の卵子がもう使えないなんて・・・。





彼女へ現実を伝えるのはつらかった。
途中から涙声になってしまった彼女。
うん、うん、途方にくれるよね。
こっちのドクターははっきりものを言うからね。
もちろん、可能性はゼロではないけど
難しいものに関しては、
期待を少しでももたせることは決してしない。







これから、卵子提供を受けるのかどうするのかは
また別問題で、とりあえず自分の体をもとに戻すために
何かできるのだろうか。






ピルを飲んで定期的に生理をおこさせるべきなの?
それとも生理じゃ自然にまかせるべきなの?
不安になる彼女。





そして婦人科の門をたたき、同じように自分の卵子を使えるか
と彼女が質問。
答えは「もうだめです」と。






2人ドクターにそこまではっきりと言われてしまった。
悲しいことに「がんばってみようか」なんて誰もいってくれないね・・・。
卵子提供経験者、ともこのブログコーナーです。*

二度目の卵子提供を決意した矢先、
新しい依頼者夫婦から、
エージェントのSさん経由で
手紙が届いた。





手紙は英語でタイプされていた。
今回は、ご主人は中国人で
奥さんは日本人のカップル。





この依頼者夫婦は米国の
テキサス州に住み、
コンピューター関係の仕事を
しているらしい。





手紙の内容は、どちらかというと、
淡々として、感情をだすというよりは、
ビジネス的に書かれていた。





「やっぱり、コンピューター関係だから、
どちらかというと理性的で合理的なのだろうか?」
と、勝手な解釈をしてみる。





本名は伏せているので、
唯一の親近感を感じさせる
"K" という名のイニシャル。





日本人だろうが、中国人だろうが、
子供がほしいという気持ちは
どこの国にすんでいても変わりはない。
たまたま、この国際結婚をしている夫婦は
アメリカに住んでるだけ。





この「当たり前の気持ち」に
あらたに気がつく。





「ビジネスライク」の淡々とした文章から
後押しされたかのように、
私は2度目の卵子提供
採卵サイクルに入っていった。

(つづく)

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

代理母を捜しています。
依頼者の方の凍結受精卵ができていて、今すぐにでも必要です。

条件は
1.20歳から32歳までの女性
2.過去に出産経験があり、最低一人自分の子供を育てていること。
3.過去の妊娠中、出産、出産後に何も大きな医療的問題がなかったこと。
4.ロサンゼルス近郊に在住の方
5.政府の援助を受けていない方
6.たばこを吸わない方、不法なドラッグを使っていない方
7.犯罪歴のない方
8.健康な方
9.アメリカに合法的に滞在している方
10.ご自身のお車を運転し通院ができる方、自動車保険を持っている方
11.過去5年に、個人破産をしていない方、飲酒運転で捕まったことのない方
12.ご主人、またはパートナーの協力と同意を得られる方

シングルマザーであっても、周りにサポートがあれば、応募対象になります。
謝礼金は$23,000から。経験者は金額があがります。
経費は別途支給されます。
たとえば、月に一度は、こまかな経費のために$300お支払いがあったり
妊婦服のためのお支払いがあったり
受精卵移植のたびにお支払いがあったり・・・します。

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク