ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
blog.jpg

今日はロサンゼルスの生活情報源として人気のある「びびなび ロサンゼルス」
の板倉さんと朝からミーティングでした。
あ、びびなびさんは、ロサンゼルスの生活には欠かせないサイトでして
ホーンと充実してます。サイトはこちら





「あなたにとって幸せとはなんですか」と
今、出会う人に聞き写真とともにびびなびさんに載せる計画だそう。





あらためて「幸せ」を考えた今日でした。
今日から毎朝、こういうことを考えて1日スタートするのも
いいのかな...とか
「今日の幸せ」を1日の終わりに毎日考えよっか...とか
そういう時間を持とうかなあ、と
思いました。







そうそう、今度このびびなびさんにコラムを出すことになったんです。
不妊・卵子提供・代理出産についてはもちろんのこと
日々の業務から感じたあれこれ、私の体験を通し気がついたこと、
ロサンゼルスに住むみなさんに、少しでも情報発信できたら
と願っています。





さあて、これから、原稿つくりで~す。
スポンサーサイト
卵子提供を受けて1年3ヶ月前に男の子を出産したMさん。
彼女は、とある遠い遠い国に住んでいて、ロサンゼルスに来て提供を受けた。
最初はフレッシュを2個移植。
1つが着床して無事出産にいたったのだ。






生まれてからも一度は自分の国に帰られたが、
「まだ産めるうちに・・・」と凍結卵での体外受精をトライするため
またこのたびロサンゼルスを訪れた。





3個解凍したが、そのうち1つはだめになっていた。
残りの2個を移植。






その後、超音波検査で「ひとつはあまり育っていないよう」と
ドクターに言われ・・・
でもひとつでももちろん元気で育っていってくれればと
希望をもった。






が、またその後の超音波検査で
なんとーーーその遅れをとっていたのが、ぐんぐん成長をしていきていた!
今度は双子ちゃんだ。





「凍結卵はフレッシュより質も劣ると思っていたけど
こればっかりはわからないわねー。」と彼女。






そうなんですよね。
質というのは、あくまでも見た目ですからねー。
着床前診断をしていない場合は、染色体異常も見えないですから
決定的なよい、悪いではないのですよ。





来週、国に帰る。
本当におめでとう。
小さな命を大切に育ててくださいね。

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク