ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
卵子提供経験者、ともこのブログコーナーです。*

今回は二度目の採卵
最初と比べて、多少気持ちに余裕がある。
といっても「採卵手術」だからやっぱり緊張する。




一回目との大きな違いは麻酔。
前回は「全身麻酔」だったが、
今回は「局部麻酔」を選んだ。





それから、前回は病院での採卵だったが、
今回は通っているクリニックの一室で行われた。
慣れた場所は、安心感が違うかな。





局部麻酔というと、その採卵過程が
卵子提供者の私にもわかる。
ドクターの声やナースの動きも一目瞭然。





ドクターはモニターをみながら、ひとつ、ひとつ、
丁寧に卵子をとりだしているみたいだ。
ときどき、わたしの様子を伺いながら、
励ましの声をかけてくれる。





何分、時が過ぎただろう?
(はやく、終わってくれますように。)
と心のなかて祈った。





小さいときから病院や治療は苦手。
幼いとき、日本の小さな病院で吸入をして吐き、
病室の中を逃げ回った記憶がある。






そんな不安を吹っ飛ばすかのように、
あっというまに15分が経過。
先生の「終わりましたよ。」という声で我に返った。




無事終了。




痛みはほとんどない。
もしかして、自分は局部麻酔のほうが
むいているのかもしれない。
その後、リカバリー室に移され、
軽く横になった。
(つづく)
スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク