ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卵子提供経験者 ともこのブログコーナーです






卵子提供を決意した後、
卵子提供者エージェンシーとの
契約書に署名した。英語でService Agreementという。







この契約書に署名をすると、
特別な事情がないかぎり、かってな理由で
キャンセルできない。







「責任をもって任務をはたす」といったら
言葉が重くなるが、基本的に、
ドクターの予約を守って、
決められたホルモン剤を決められた量
きちんととって、最後の採卵に無事こぎつけようと
いうことなのだ。







その過程には、この卵子提供にかかわるあらゆる人達との
関係、それからお金がからんでくる。







卵子提供依頼者夫婦が払う医療費、弁護士費、
心理鑑定費、謝礼金、サービス料、交通費、ホテル料など
あわせると多額の費用になる。そういったものを考慮すると、卵子提供者
簡単に「や~めた」とは言えない。











卵子提供エージェントは、それらの過程の一部始終にかかわり、
ものごとが段取りよく進むようにコーディネートしなければならない。
だから、「契約書」が必要になってくる。






わたしは、「OK」といって、エージェントのSさんの前でサインをした。
心なしか、ペンを持つ手が硬くなった。
(続く)
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。