ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
34~36週の間に生まれた乳児は、
発達上の遅れ、又は、障害の危険性が
36パーセントにも上ることがわかった。





研究者によれば、発達の遅れ又は障害は、
身体、言語、認識力 そして社会情緒などを含む。






調査では、早産で生まれた子供達が、
幼稚園を途中で辞める率が
19%にも及ぶことが明らかになった。





早産で生まれた子供が、
幼稚園をもう一度やり直さなければならない率は
11%増加した。





研究者達は、出生から学童期の間の子供の人生に影響を及ぼす、
多くの要素を含むデータを管理するよう心がけている、
とモース医師は言う。





それらのデータは、
母性年齢、学歴、経済力、飲酒暦や、その他の要素を補っている。





研究者達の論では、妊娠後期の4週間は、
胎児の脳の成長が著しく増加するので、
早産で生まれてきた赤ちゃんは、
その成長が、多少、欠乏する可能性がある。





「この調査でわかったことは、
早産で生まれた子供は、満期でうまれた子供とは
全く同ではないことを示しています。」





Kloesz医師は以下のことを付け加えた。






「一人の特定の子供をみれば、
それほどの問題がないように思われますが、
これらの子供達を全体像でみたとき、
それは大きな社会問題に成りうるでしょう。」

*******************

Health Day News 03/30/09号より
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。