ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Flower 1

卵子提供経験者 ともこのブログコーナーです。





依頼者夫婦が、わたしに直接会って面接をしたいと、
卵子提供エージェントのSさんから頼まれ
実際に会うこととなった。





実際に、Sさんのオフィスに訪ねていき、
そこで、待っていてくれた男女は、
40代半ばの中年のご夫婦だった。





奥さんは、日系3世。ご主人は、ロシア系アメリカ人だという。
この面接は全て英語で行われた。





会って、そうそう、そのご夫婦から美しい花束をプレゼントされた。





エージェントのSさんを通して、
もう一度、自己紹介を終え、
お互いの顔を改めて見つめなおす。





(感じがよいカップルでよかった。)





今までの緊張感を吹き消すかのように、
心の中がふんわりと温かくなった。





すると突然、奥さんの目頭がうるおい涙が頬を伝った。





「今回の件、本当にどうもありがとう。」と奥さんが言う。





それから、過去の長年にわたる、
不妊治療の経験を、
言葉を選びながら話してくれた。





その中には、自分達の卵子精子を使った、
体外受精人工授精も何度も繰り返されている。
ありとあらゆる手段を試しても
成功にいたらなかった苦悩と葛藤。
彼女の感情はこういった想いがつもりつもっていたのだ。






ご主人は、その反面、比較的冷静に見えた。
職業は、病院管理の仕事らしい。
どちらかというと、理知的なタイプだが、
人柄は、穏やかそうだ。





わたしが、彼らの卵子提供者になることを、
心から感謝してくれていることが、
ひしひしと伝わってくる。





今までの私は、自分のことばかり考えていて、
不妊で悩んでいるカップルの視点から
物事を考える機会がなかった。





でも、ここで、
「人間・対・人間」という「接点」を
あらたに見つけることができた。






エージェンとのSさんは、
「彼らの気持ちに共感できることは、とても大切なことよ。」
と付け加えた。






(これって、言葉の壁を越えた世界だな…)とふと思う。






このご夫婦にとって、
卵子提供を使っての妊娠は、
不妊治療の最後の手段といっても過言ではない。






もし、これが駄目だったら、
自分達の子供はあきらめて、
養子をもらうか、夫婦二人の生活をするだろう、と言った。






西日が窓から差し込む。
この初夏は、
わたしにとって思いがけない出会いをつくってくれた。
(つづく)
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。