ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
nia_vardalos2.jpg





マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」で知られる女優、
ニア・ヴァルダロスは、母の日に
3歳の女の子を養女として迎えた。







「何年も子供をもちたいとおもっていたわりには、
実際14時間の知らせしかもらえなくて…
それから、小さな女の子が我が家に来たというわけ。」
このように二アはPeople.comで答えている。 






二アは、何度も養子縁組を試みたが挫折し、
今回やっと、夫のイアン・ゴメズと
養子を迎えることができた。








「ある夜電話が鳴ったの。
ソーシャルワーカー(社会福祉指導員)が
3歳の女の子と条件があったからって」
と彼女は明かす。







そして、その養女になる子は、
翌日に到着する予定になったという。







「ベビー・シャワー(出産前のパーティー)もなければ、
家族や友達に話す時間もなく、
彼女(養女)の到着の準備がぜんぜんできなかったの。」






「その気分の高まりといったら言葉にできないわ。
嬉しくて、顔がゆがむほど笑って、
親業に突入したのよ」と二アは言う。






その養女を「マニュアル(説明書)なしで来た」
と冗談をとばす。






「彼女の表情やかんしゃく、
小さいこと一つ一つが面白くて、
素晴らしくて、全て喜びに感じたわ。」






二アはPeople.comで、その養女を教会に連れって、
牧師が養子縁組に対して、
特別な祈りを捧げてくれた時は、
胸が高鳴ったという。







その牧師は、彼女にこう伝えた。
「今日あなたは、子供を授かったのです。」
それを聞いて、どっと涙がでたの。






「全ての悲しみ、全ての怒り、
これからの長くて、大変な親業に対する不安。
それらが、涙となって流れ落ちた後、
心が穏やかになり感謝の気持ちにかわっていったのよ。」
***********************************************
Entertainment Tonight 05/10/2009 より
People.com 写真参照

翻訳: ミラクル・ベビー
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク