ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカにいるとあまり人から年齢聞かれないし
「いくつになったからこれやったらおかしい」っていう
年齢に対しての常識みたいなものがないので、
やたら自由になったような気がしてこれもよくないのかもってたまに思う。






70、80歳になったって「これ私のボーイフレンドよ」とか
平気で言っていて、周りも「ふーん」って別にたいしたことないような
顔して聞いている。
そんなの当たり前の風景。






だから40歳で結婚していないことは、日本にいる家族が
あーだのこーだのうるさいだけで、それを除けば誰にも非難されることなく
ここアメリカにいて年齢を気にせず暮らしていけるのだろう。






そんな社会の中であるからこそ、本当に結婚したいのであれば
日本の人以上に真剣に「婚活」をしなければならないのかも。
もしここアメリカで結婚相手に日本人を求めるならなおさら・・・。






少子化」について考えていたらいきついたところは、ここ。
結婚できない男女が増えているということ。





いくつになったら「婚活」しなきゃって思う?
35歳?
なんか区切れよね、その年齢って。






みんなパートナーさえいないのに、子供のことなんて
「にのつぎ」って思ってしまうよね。
でも人生、もう一歩、その先を考えられるのだったら
自分の妊娠年齢も考えておかなければならないってこと、
35歳からは本当に子供を妊娠することが
簡単でなくなるってこと、知っておいて欲しいな。






女性の体内時計の話、もっともっと一般の若い女性にも
認知度を上げていくべきなような気がしています。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。