ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
私の友人の男性Nさんはもうじき50才。
いまだ独身。
両親とは一時離れて暮らしていたが、
「お金がこのほうがたまるから」という理由で
また実家に舞い戻ってきた。





幸い、両親は健在で
毎日ママのごはんを食べ、ママにお洗濯してもらって
ママにお掃除もしてもらう。





いくつになっても誰かに面倒みてもらっている。
人間的にこれじゃー成長しないよね。
何も自分でしなくなる、
苦労がない、
考えることもしない毎日になっている。







親も気付いている。
「ちょっとおかしいことしている」自分に。
でも息子を追い出せない。






私の周りには、同じように親に日常生活のお世話をすべて面倒
みてもらっている男性があと何人かいて・・・。
もはや珍しいことではないのだ。
こういった人が増えている。
ひとつの社会現象でもあるのかもしれない。






こんな人が増えているのだから
ますます結婚から遠のいている人が増えているということ。






結婚をする女性側も、ずっとママのお世話になっていた男性とは
あまり気が進まないのよねえ・・・。
何かにつけてママと比べられるのがオチ。
マザコンでなくたって、なんでもかんでもやってもらうってことが
当たり前のように思われるのが、とってもいやだもの。






今、息子を結婚させたくてママさんたちが代理で必死に結婚相手を探す
ことが話題になっているけど
それもかなり不思議な光景。
自分のことが自分で決められない、行動できないという男性とは
やっぱりごめんだ。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク