ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
卵子提供経験者、ともこのブログコーナーです。*


自分で注射を打ちはじめて、
一週間、
二週間、
毎日が早く感じられた。




小さな注射器に、決められた分量のホルモン療法薬を、
正確にいれなければならない。
最初は、脂肪の多いおなか。
なれてきたら、太ももにもチクリと打てるようになった。





物事は、なんでも、慣れなのかもしれない。
はじめは、注射を持つ手が震えていたのに、
日に日に慣れてきて、
手際よく打てるようになった。
たまに注射針がスーッと入っていかないときもあり
ちょっとあせってしまう・・・。




上京
就職
留学
米国生活
英語での電話応対
自動車の運転
妊娠
出産





これらは、わたしにとって、
一度は未知の世界で、
たじろい、もがいた時期もあった。








緊張と失敗の連続だったな。
その反対に、まわりの励ましと支えのなか、
ゆっくりと心が新しい状況を受け入れていった感じがする。






未知の世界で挑戦するのが怖かったことが
あるとき気がつくと生活の一部となっている。
あんなに、大変に思えたことが、
あたりまえに感じる自分。






注射を持つ手と、
自分の過去のいろんなことが
心の中で入り乱れた。

(つづく)
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活















管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク