ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
people-cover-240.jpg


歌手のセリーヌ・ディオンは、
4回目の体外受精が失敗に終わった後も、
二番目の子供を持つことをあきらめていない、
と米国雑誌、PEOPLEで語った。






「妊娠するまでがんばる」
と41歳になる彼女は、
毎日自分でホルモン注射を打つ。






4回の体外受精の失敗から、
彼女の感情はかなり浮き沈みしたという。







「数字の5は、わたしのラッキーナンバー、
だから、今回は成功させたい。」とセリーヌ。







彼女のマネージャーでもある夫の
レネ・アンジェルリ氏(68歳)いわく、ふたりとも、
毎回受精を試み結果待ちの状態の時は
「気が狂いそう」だと言う。







セリーヌのドキュメンタリーが
米国で2月17日にリリースされるが、
彼女は、気持ちを肯定的にもち、
気力を一人息子で小学二年生になるチャールズ君(9歳)
にあてていると語っている。

参照:people.com 02/10/2010号より。






セレブだからといって体内時計は待ってくれないし
体外受精に悪戦苦闘し、結果待ちをどきどきすごす・・・・。
みんな一緒だから、がんばっていこう!
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク