卵子提供 ・精子提供・代理出産の「ミラクルベビー」公式ブログ                       
  自分自身も不妊で悩み、アメリカで代理出産という道を選択、女児を授かりました。
卵子提供経験者、ともこのブログコーナーです。*

いよいよ採卵の朝がきた。
外は、まだ暗い。
あさ、5時に自宅をでて、
車で卵子提供エージェントの
Sさんの家へと向かう。





この日、麻酔を打つ関係で、採卵後は、
車を運転してはいけないことになっている。
友達にも誰にも話していない卵子提供
誰にも送って欲しいと頼めなかった。






エージェントのSさんに話すしかなかったが
快く受け入れてくれた。





Sさんへの家へは、朝6時前に着いた。
彼女が運転する車で
採卵手術が行われる病院へと向かう。






病院のロビーは、結構広々としていた。
早いせいか誰も患者さんがいなかった。
受付で名前を聞かれ、サインをする。






「全てがうまくいきますように…」






Sさんに励まされながら、病院の廊下を歩く。






いつもと違う街並み。
いつもと違う人々。
いつもと違う環境。
いつもと違う気持ち。




体中がとても緊張してきた。
リラックス・・・リラックス・・・。

(つづく)
スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

精子提供・卵子提供・代理出産コーディネート
Miracle Baby公式サイトはこちら▶

↓いつも応援ありがとうございます。
↓不妊にお悩みなのは、あなたひとりではありません。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
【2010/03/11 03:00】 | ともこの卵子提供物語 | トラックバック(0) | コメント(0)














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby

アメリカ在住26年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています(▼ミラクルベビー公式サイト)。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

【ラジオ出演】

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。

前半

後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク