ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
extra-embryos.png

アメリカ国内だけでも、400,000以上の凍結受精卵が、
不妊クリニックで管理されているそうだ。
その数はつねに増加状態にある。





デューク大学が9つの不妊クリニックを対象に、
不妊治療を受けた1,000以上の
カップルにアンケートをとった。





内容は不妊治療を受けて、
自分たちの子供たちが生まれたあと、
残った凍結受精卵をどうしたいか。





現在ある凍結受精卵の選択方法としては、





1.毎年、保管料金を支払い保存してもらう。
2.処理(破棄)してもらう。
3.他の不妊カップルへ寄付する。
4.科学研究のために寄付する。






一番人気のある選択は、
研究のために寄付する、だが
残念ながらこの選択はあまり普及されていない。





アンケートに答えた、半分以上のカップルは、
自分たちの凍結受精卵を、他のカップルへ
寄付することへは躊躇している。





なぜなら、自分たちの遺伝を引き継いだ子供が、
見ず知らずの人に育てられるという考えや、
もし、自分たちの子供たちが知らないうちに、どこかで
自分たちの知らない兄弟にでくわすかもしれない、
という考えを好ましく思っていないからだ。






あるカップルが提案した内容は、
自分たちの凍結受精卵を処理(破棄)するときに
お祈りをしたり、小さなお葬式をする。





または、もし女性が確実に妊娠しないことがわかっていれば
その凍結卵を女性の体へ戻し(移植)し
自然に処理される(亡くなる)のを見守る
というのがあった。

(conceive 2009年7月/8月号より)





みなさんだったらどの選択をしますか?
私も自分の体外受精のときにはもう年齢もいっていたので
受精卵は3個、凍結もできず、だったので
このような選択は実際には起こりませんでした。
ただ、事前に選択をしておかなければならないので
やはり、無難な「研究にまわす」ように
選択をしていました。






凍結受精卵も立派なひとつひとつの命・・・
どなたかの助けになれば・・・と思います。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。