ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卵子提供経験者、ともこのブログコーナーです。*

初めての採卵
「これに着替えて」とナースに白いガウンのようなものを
渡された。
たくさん点滴みたいな管や機械がならんでいるのをみると
これから手術を受けるようだ。
病気ではなく健康体でこういうところにいるのが
なんだか違和感を感じる。






ナースからいくつかの一般的な医療質問があった。
昨日は何時に夕食をとったかも聞かれた。
昨日の夕食からは食べても飲んでもいけなかった。
よく水をのむ私は注意をしていないと
飲んでしまいそうだった。
全身麻酔をするためである。






今日は運転ができない。
採卵の後には仕事や学校にはいけないのだ。
家でリラックスしていないといけない。
生理痛のようなものが2-3日はあると思うとのこと。
あとは出血も少しはあるかもしれないといわれた。






ベッドに横たわっていると麻酔科の先生がきた。
「ワインなどのお酒を飲むとすぐ眠くなりますか?」
と聞かれた。
ちょっと変わった質問。
麻酔を打つための体質チェックか?
身長、体重も聞かれた。






全身麻酔。
あっという間に寝てしまったようだ。






空白の時間…。
採卵中の事はいっさい覚えていない。






採卵方法は、ほそい注射器のような管で、わたしの卵巣へそれをさし
卵胞をひとつずつ、慎重にとりだしていくと聞いた。
時間は、約20分ほどで終了するらしい。






ナースが声をかけてきたようだ。
夢をみていたのか、現実なのかよくわからないまま
目を開けるとそこはリカバリールームだった。

(つづく)
スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活















管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。