ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
卵子提供経験者、ともこのブログコーナーです。*

採卵後、リカバリールームで目が覚め、
ナースに、気分がよくなるまで
休んでよいといわれた。
麻酔で意識がまだもうろうとしている。
やたらのどがかわいている。





しばらくぼーっとしていると
カーテンの仕切りの向こう側から
声が聞こえてきた。






「今回は何度目の採卵なの?」
「3度めよ。今回こそは成功するように望んでいるんだけれど。」





どうやら会話は、ナースと女性の患者のようだ。
ちょっと興味深くなって、カーテンのすきまから、除いてみた。
そこには四十代半ばの白人女性と、
男性のアメリカ人夫婦がいた。
立ち上がろうとする奥さんに、
ご主人が彼女の手をとり肩をかす。





三度目か…。






何回もこういうことにチャレンジするカップルがいるんだな。





いろいろなことを考えているうちに、
時間がたち、頭もすっきりとしてきた。
気分もだいぶよくなった。





ナースが「卵子は15個取れたわよ」
と教えてくれた。
あー、よかった。
無事に終わったんだ、とそのとき
一揆にほーっとした。
その数が多いのか、少ないのか
ちょっとこわくて聞けなかった。





ナースから着替えていいといわれ
ゆっくりとベッドを降りる。
なんか体がかちかちだ。






そうこうするうちに、
エージェントのSさんが
迎えに来てくれた。

(つづく)
スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活















管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク