ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あ~~、謎、謎なのである。
まだまだ医療のテクノロジーでは解決できないこと
みえないことがたくさんある、受精卵。






卵子提供を受けたあるご夫婦。
ドナーさんからたくさんの卵子、それも29個というすごい数!
が取れたのだが、受精がされたのがたったの12個。
受精後の成長をみて、ドクターが
「あなたの卵子を使ったときより、状態が悪い・・・」と
彼女(奥様)につぶやいたそうだ。






「そ、それってどういうこと~~~?」






ドクターに
「もう5日目まで待てない状態だから、3日ですぐいれるわよ」と
言われたそうで、その移植の朝彼女から電話があった。






「石原さん、今から移植いってきますが、私どのようにこれから
妊娠テストまでの間、過ごしていったらいいのかわからない・・・。
気持ちがダウンしてしまって。」





そうだよね、卵子の数だけ聞いたときにはすごいみんなで喜んだのだけど
それから急に状況が変わってきて・・・。
こんなことになるなんて。





私もちょっと落ち込みムードになってしまっていて
いけない、いけないと気持ちを取り戻そうとしたが
やはりどきどきだった。




そんな彼女だったが、結果、妊娠にいたったのだ!





一方、受精卵の状態もよし、子宮内膜の状態もパーフェクトな
奥様が妊娠できなかった。
妊娠レコードがあるドナーさんを使ってのトライであった。





「どうしてえ~~~!!」と叫びたくなってしまう。
はっきりとした理由がわかるのだったら
次回へその失敗を繰り返さないようにすることは
できるけど、それが難しいのだ。







ここのところ受精卵の成長がよくない、といわれていた
ご夫婦2組が妊娠にいたり、1組は双子だった。
最後までどうなるのかわからない。
謎、謎なのである。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。