ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
次の日、ドクターから電話。
「6個の卵子のうち受精は4個しました。」
2個は受精できなかった。
ちょっとがっくりだった。






精子は見た目の状態はよかったようだが
やはり私の卵子が問題だったのだろうか。
なんたって、39歳の卵子だから
限界があるのだろうか?





いやいや、前向きにならないといけない・・・。
すぐ主人に電話したが電話に出ない。





なぜ全部が受精できないのか、頭の中が
ぐるぐるかけめぐっていた。
が、しかし明日は代理母が到着するのだ。
気持ちきりかえなくっちゃ。





どんな反応をしめすか、私の電話を待っているだろう。
「今回は4個受精できたってよ。
これが明日までもってくれるのかね?」





「ま、大丈夫でしょ」





「でもさ、明日までに受精卵全部死んじゃったら
ここに来る意味ないよね?」






「それはないでしょ。
ま、そのときは1週間会社も休みとったことだし
充分休んで帰らせてもらうよ」





そんなのんきなこといっちゃって。
全部受精卵なくなっちゃったら、思いっきり落ち込んでいる
くらーいムードの家になんかいたくないよ、きっと。




ウルトラサウンドで卵胞が前回よりたくさん見えたときには
かなりエキサイトした私であったが
すこしでもうまくいかないことがあると
やはり不安になってしまう。





4つすべてが生きていてくれますように・・・。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク