ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
sarah.jpg

”OMG!04月13日号の記事の一部を紹介”




女優、サラ・ジェシカ・パーカーと夫、マシュー・ブロデリックは、
代理母を通して、双子の女の子が昨年の6月22日に生まれた話は、
前にこのブログでも紹介したが、そんな、サラ・ジェシカ・パーカーが、
有名ファッション雑誌、、ヴォーグ (Vogue )のインタビュー記事で、
このように語っている。





「妊娠しようと、何度も何度も試みたの。
だけど、従来の方法では、だめだった…
わたしだって、自分でお産したかった。
もし、可能ならば…」




そんな二人は代理母出産という方法を選んだ。





赤ん坊が生まれてくるのを待つ45歳の女優、
それなりにつらい9ヶ月間だった。




自分の体で喜びを感じたり、または、検診の経験もできない、
妊娠の不安とかも分かち合えないの、わかる、この気持ち?




なににもまして、私たちが授かる子供のことは、
かなり長い期間誰にも話せなかった。
大切なことはすべて内緒。




子供を身ごもっている(代理母)への想いさえも
誰にも話すことができない。
自分の夫にしか話せない。夫は自分とくらべて、
あまりそういったことを話したがらない。





生まれたばかりの双子を初めてみたとき、
サラは言葉がでてこなかった。
自分で出産したのではなく、子供とご対面、
それは、え~と、なんというか、冷凍睡眠から覚めたような…。 




妊娠の経験はそこですべて終わりになる。
一瞬、全てが白紙になり、世界が静止する。
そして、他に何も存在しないということ以外は、
理屈にならない。





ベッドの上で毛布にくるまって寝ている双子の赤ん坊、
夫の顔、そして、息子の顔以外は何も思い出せない。
文字どおり、病室に吸い込まれた感じ。





時間が止まる。
それは、別の次元、
と同時に、特別な空気に包まれる。




サラ・ジェシカ・パーカーと
夫、マシュー・ブロデリックは、
二人ともセレブという身にもかかわらず、
なるべく、普通の生活を保とうと努力する。




「私は、子供達の食事は自分で用意するの。」
「自分達で、ハイチェアー(子供用いす)を組み立てたり、
スーパーに買い物にいったり、自分で洗濯もするわ。」

**********************


代理母出産」で双子を儲けた女優。
セレブも私達と同様、
おなじ人間で
気持ちの変化、心配、不安、そして喜びを
誰かに共有したい。
だけど、それができない苦しみを背おっているんだよね。






そこには、スクリーンには映し出されない
彼女の真の姿があるんだなー。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。