卵子提供 ・精子提供・代理出産の「ミラクルベビー」公式ブログ                       
  自分自身も不妊で悩み、アメリカで代理出産という道を選択、女児を授かりました。
卵子提供経験者、ともこのブログコーナーです。*

採卵を終えた後日、
エージェントのSさんから
連絡が入った。





「気分はどう?痛みはない?」





わたしの卵子を提供した
依頼者夫婦に、受精卵が
無事移植されたと言う。





そしてしばらくたったころ、Sさんからまた電話が入った。
「あの~、本当に残念なんだけれど、
妊娠無理だったわ。」





がく~。





なんて返事をしていいのかわからない。





Sさんは、わたしの卵子には、
問題はないと思うと言ってくれたが・・・・





罪悪感。





「すみません。もういちど、
トライさせてください。
謝礼金はいりません。」と私。





「その気持ちはありがたいけれど、
タダというけにはいかないわ。
あなたの親身な心は
依頼者カップルに伝えておくわ。」






Sさんの話では、今まで冷静だった
依頼者夫婦のだんな様のほうが、
結果を聞いて落ち込んでいるらしい。





今までの想いが消えてゆく。
現実はなんて残酷なのだろう。

(つづく)
スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活

精子提供・卵子提供・代理出産コーディネート
Miracle Baby公式サイトはこちら▶

↓いつも応援ありがとうございます。
↓不妊にお悩みなのは、あなたひとりではありません。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
【2010/06/14 12:20】 | ともこの卵子提供物語 | トラックバック(0) | コメント(0)














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby

アメリカ在住26年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています(▼ミラクルベビー公式サイト)。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

【ラジオ出演】

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。

前半

後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク