ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
卵子提供を受けたご夫婦の赤ちゃんが先週生まれた。






忘れもしない、私のオフィスを訪ねられた時のご主人のことば。
ご主人は再婚であり、もう大きなお子さんが前妻との間にある。
私は彼に「なぜまた子供が欲しいと思うのか」聞いた。





「それは、子供を産んで育てるというのはものすごい価値があると
思うので、その素晴らしさを彼女に味わって欲しい。
自分はもう子育てを終え、充分味わってきたけれど
彼女はまだなんです」






周りには一度子育てを終えた再婚した男性は、子を欲しがらないと
いったケースをたくさんみていたので、
すごくこのご主人の言葉が心に残った。





過去を思い出してみれば、卵子提供を受けたが受精卵は成長が悪かったため、
急遽3日目の移植となり、とても複雑な気持ちだった。





奥様と、出産直前にランチをご一緒したが、
「私、受精卵の成長がおもわしくないと聞いたときも、
そこまでは落ち込まなかったんです。
とにかくやれるだけやったんだから、もうこれでだめでも
あきらめがつくなって・・・」
おおらかな気持ちで臨んだのがよかったのでしょうか。





これからは、双子ちゃんの育児、大変ですけど
がんばってくださいね!
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク