ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
frozen.jpg

近年、子供を生む女性の年齢層が30代~40代と高くなってきている。
ここ米国も例外ではないようで、そうした中、
自分の卵子を冷凍保存する女性が増えてきている。





この卵子冷凍保存は、医学上、不妊治療のひとつとして行われてきた。
でも、最近では、子供を産む時期を遅らせたいという
健康な女性のオプションにもなってきたようだ。





35歳から40歳のあいたでの自然出産率は
どんどん低くなっていく。
年齢とともに卵子そのものの質が低下し、
その結果流産なども起こしやすい。





この卵子提供のプロセスは、不妊治療の薬を使い、
いくつかの卵子を卵巣の中で育てる。
その卵子を採卵し、脱水させ、
液体窒素の中で保存するというものだ。
女性が妊娠したい時にその保存された卵子を
女性の体に戻すというもの。





だだ、これはまだ、「実験段階」





米国生殖医学会は、科学的な実証を得られてない今日、
これらの方法を安易に健康な女性は使用すべきではないと提言している。





しかし、現実は、米国の不妊治療医院の50%が
この卵子凍結を勧めている。






みなさんは、この「卵子冷凍保存」を
どう受け止めるでしょうか。
誰もが、自分は将来普通に子供ができると思っている・・・
ほとんどの人が漠然としか考えていないそんな若い時期に
薬を打ち、採卵という手続きを経て、卵子凍結保存料金を
支払って、(それもこの先何年かわからず・・・)
わざわざ卵子を凍結するということを考えるでしょうか。





「実行にうつす」のはなかなか難しいことだと思います。
しかしながら、若い女性に「卵子の質の低下」については
もっと認識をしてもらうようになんらかの教育が必要ですね。

**********************

参照:conceive online 2010年04月7日より。
スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活















管理者にだけ表示を許可する

医者や病院では治せない..."重度の不妊症"もコレでバッチリ改善♪ ⇒ 【不妊解消】妊娠率92%の超妊娠法!

 私にしかお伝えすることができない貴重な内容をすべてもりこみました。  今回、... 教えてあげたい【2010/07/18 14:36】

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。