ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
卵子提供経験者、ともこのブログコーナーです。*



卵子提供エージェントのSさんから電話。
数ヶ月ぶりの声。





「久しぶりね。お元気。息子さんも元気?」
「はい、おかげさまで。」






前回の採卵は妊娠にいたらなかったので、
卵子提供者の私としては、もうSさんからの
連絡はないものと確信していた。






「実は、テキサス州に住んでいる夫婦が
あなたをドナーとしてお願いしたいといっているんだけれど、
どうかしら?」とSさんは切り出した。





「はっ、はい。」と、とっさに答える私。





「奥さんは日本人で、ご主人は中国人。二人とも、
コンピューター関係の仕事をしているのよ。」






あらたな、出会い…






前回のことを考えると、ちょっとプレッシャーを感じる。
動揺もしている。また、妊娠しなかったらどうしよう。






不妊治療は、とてもデリケート。
いくら、卵子の状態が良くて、数がとれても、
それが、確実に妊娠にこぎつくとは限らないといっていた。






ここで、わたしができるとしたら、運を祈るしかない。





突然のエージェントSさんからの依頼。
せっかくお声をかけてくださったことに対して
もう一度、卵子提供をする決意をした。

(つづく)
スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活















管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク