ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日、米国で放送している朝の番組で興味深い内容のものがあった。





精子バンクで生まれた子供達が、
インターネットのサイトに登録して、
自分の異母兄弟・姉妹を探すというものだ。





米国では、毎年、約35,000人から 60,000人の子供達が
精子ドナーを通して生まれているといわれる。
その中には、精子提供者の父親を探すことのみならず、
同じ提供者から生まれてきた、
自分たちの異母兄弟・姉妹を探す子供達の数が
増えてきているというのだ。






例えば、精子バンクを通して生まれてきた20歳になるライアン君は、
14歳で高校を卒業し、もうすでに技術工学の修士号を取得し、
今年の秋からは NASA―航空宇宙局に、ロケット科学者として就職が
内定している頭脳明晰な青年だ。






「僕は小さいときに、精子提供者から生まれてきたと告げられて、
大きくなるにしたがって、自分のDNA-遺伝子の半分はどこからきたのか
もっと知りたいと思うようになったんだ。」






ライアン君は、彼の母親のウェンディーさんに許可をうけて、
精子ドナーである父親を探し始めた。






「僕は、父親を必ずしも
必要としていたわけではなかったんだけど、
どんな人なのか、すごく興味があって、
最初は、ただ単純に顔を写真でみたり、
話しだけでもしてみたいなって思ったんです。」






そんな彼の父親探しは、彼が12歳のときに始まったが、
なかなか、確実な情報がなく困難を極めた。






そして、もっと他からの情報を取得するために、
母親のウェンディーさんとともに
ドナー兄弟・姉妹登録」のインターネットサイトを立ち上げた。






現在、このサイトには、3万人のメンバーが登録している。
このサイトを通して、、ドナー、その子供達、
そして、その兄弟姉妹が出会うことができる。






しかし、現実に浮かび上がった問題もあった。






一人の精子ドナーだった男性が、
自分が提供した精子から生まれた子供達が、
22人もいることかわかり、かなりショックをうけたという。
彼の精子バンク業者は、彼に
10人以上生まれることはないと約束したにもかかわらずにだ。






中には、125人の子供が生まれていることが
判明した精子ドナーもいた。





たとえば、一回の精子提供から生まれてくる子供の数は、
8~20人の可能性がある。
したがって、一人の精子ドナーが何回か提供すると、
その数はかなりの数に上るだろう。






ライアン君自身も、いまのところ、
6人の兄弟姉妹と連絡をとりあっている。
しかし、現実には、20~30人の兄弟がいる可能性あり。





現在彼は、ここで知り合った姉妹の存在を快く受け止め、
たまに会うことを楽しみにしている。






注)2010年7月27日、abcニュースをもとにミラクルベビーが要約、
翻訳しました。翻訳には、法的効力はありません。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。