ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
economy_fertility.png

最近の少子化現象は、日本のみならず、米国でも起こっているようだ。




2010年08月30日付けのconceiveonline.com 
米国-不妊情報サイト)によると、米国のいくつかの州で出生率の低下が目立ち、
この現象は米国経済の悪化と高失業率の影響があるらしい。





イリノイ州の出産率は、1929年の世界大恐慌以来の低さで、
また、カリフォルニア州やアリゾナ州も似たような結果がでている。





米国での出産率は、女性1人あたりに対して、
2人から2.1人の子供が生まれる割合だったが、
この数は、2008年頃から下がり始めている。





米国人口統計局のMather氏は、
「多くの人たちは、子供ができたときは、
この不景気の影響をあまり感じていなかっただろう。」





「だが今は、住宅価格の急落や、
株価が下がってきたことに気づきはじめている。」
と語っている。





これらの州の出産率の低下の原因を決定づけるのは、
まだ時期的に早いかもしれない。
なぜなら、人口動態や経済状態、
また女性のキャリアも要素に
含めて考えなければならないからだ。





それにしても、米国は2008年から出産率が低下しはじめ、
今年の4月は、過去20年で最低の出生率となった。
人口統計調査員は、
「経済的に困難な状態が出生率の低下につながっている」
とみている。





私達日本人にとっても、この「少子化現象」は、
他人事とは思えない話題だ。





注)記事の翻訳に法的効力はありません。


スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

不妊症でも50日以内に妊娠する「ある方法」を限定無料公開中

私は「不妊医療業界が絶対に教えない」極秘情報を手にしてしまいました。 108人... 幸福のゴールドサイン【2010/09/21 17:37】

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。