ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
翌朝、私たちの受精卵残りのひとつは凍結できる質でなかったとの
連絡をうけた。






あーがっかりだな。





代理母はソファーでごろごろしていた。
というより、トイレと食事のときにしか動かない生活。
好きなテニスチャンネルばかりみてる。





「トイレ行くたびに、受精卵が出て来てないかじーっとみちゃうわよ。
でも見えないくらい小さいんでしょ?」






かなり安静にしていて、3日目に代理母は家に帰っていった。
翌朝から仕事に戻るという。






なんだか初めてのことで、こんなんで本当に妊娠するんだろうか?
移植はほんの10分くらいのもので、簡単な作業にみえた。
こんなことで着床するんだろうか?
と不思議に思う。






代理母は「私妊娠する自信あるのよねー」
そういって帰っていったっけ。





しかしながら、私たちの試みは失敗に終わった。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク