卵子提供 ・精子提供・代理出産の「ミラクルベビー」公式ブログ                       
  自分自身も不妊で悩み、アメリカで代理出産という道を選択、女児を授かりました。
卵子提供を受けて1年3ヶ月前に男の子を出産したMさん。
彼女は、とある遠い遠い国に住んでいて、ロサンゼルスに来て提供を受けた。
最初はフレッシュを2個移植。
1つが着床して無事出産にいたったのだ。






生まれてからも一度は自分の国に帰られたが、
「まだ産めるうちに・・・」と凍結卵での体外受精をトライするため
またこのたびロサンゼルスを訪れた。





3個解凍したが、そのうち1つはだめになっていた。
残りの2個を移植。






その後、超音波検査で「ひとつはあまり育っていないよう」と
ドクターに言われ・・・
でもひとつでももちろん元気で育っていってくれればと
希望をもった。






が、またその後の超音波検査で
なんとーーーその遅れをとっていたのが、ぐんぐん成長をしていきていた!
今度は双子ちゃんだ。





「凍結卵はフレッシュより質も劣ると思っていたけど
こればっかりはわからないわねー。」と彼女。






そうなんですよね。
質というのは、あくまでも見た目ですからねー。
着床前診断をしていない場合は、染色体異常も見えないですから
決定的なよい、悪いではないのですよ。





来週、国に帰る。
本当におめでとう。
小さな命を大切に育ててくださいね。
スポンサーサイト

精子提供・卵子提供・代理出産コーディネート
Miracle Baby公式サイトはこちら▶

↓いつも応援ありがとうございます。
↓不妊にお悩みなのは、あなたひとりではありません。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
【2011/04/07 02:10】 | 卵子提供 | トラックバック(0) | コメント(0)














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby

アメリカ在住26年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています(▼ミラクルベビー公式サイト)。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

【ラジオ出演】

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。

前半

後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク