ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不妊治療を受けてられるほとんどの方がみているBabycomのサイト。
1月に訪日した際にインタビューをうけて、「卵子提供のいま」
ということで、アメリカでの卵子提供の情報提供を記事としてのせてもらいました。
記事をよみたい方はこちらから






前回のジャーナリスト、大野さんの記事の反響も私のほうにたくさんあり・・・。
迷いが生じている人も多い。





大野さんは不妊治療は流れ作業ではいけない、とおっしゃいます。
”自分の卵子がダメだから、卵子の提供を受ければ半分遺伝的につながった子どもがもてる、
いくらですか、いつできますか、血液型は何型ですか”
同感。これだけで進められることではないのだ。






子供はマシーンで作られていくものではない。
妊娠することがゴールではない。
卵子提供の受け止め方が間違った方向に動いていくことのないように
しっかりとエージェンシー業務を行っていきたいと思っています。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。