ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アエラ最新号(11月14日号)見ましたか?
「私の卵子6500ドルで売ります」って。





まだまだ日本の社会には、「売り物」としかみられていない卵子。







ドナーさんだって大変なんですよ。
毎日血を採られたり、自分の都合はまったく無視され通院しなければならない。
医療的リスクもある。






さて、月曜日発売された(11月14日号)アエラには卵子提供をすることに対しての
ドナーの体へのリスクがかかれていますね。





「卵子提供したあとも妊娠できますか?」という質問に
「はい、問題ありません」と堂々と答えるエージェンシーもあったり、






このアエラの記事にあるように卵巣を摘出するような事態もあったりと
一体どれが本当なの?って提供する側も、提供を受ける側も気になるところだ。






卵巣を摘出するようなケースは本当にまれなのだが
(今までのうちでのケースではもちろんひとつもないが)
医療リスクは絶対に「ゼロ」ではない。
医療の世界で保証などどこにもないのですよ。






インタビューにきても、医療的リスクを詳しく提示したあと、
「考えます」といって帰る人も多い。
私は甘い考え、安易な考えでは絶対にやるべきではないと思っている。






エージェンシーは、ドナー登録には、多くを語らず・・・難しいことを言わず・・・
に数を集めているところが多い。
言ったら逃げる人もいるから。





質問書に必要事項を埋めておしまいです!登録完了!って
あまりにビジネスが先行してしまっている。
ドナーケアは思い切り無視されているなあ・・・。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。