ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の不妊治療の助成金の年齢制限が42歳までとなりましたね。
今後治療を長く続けていける人が少なくなる世の中になっていくなあ。
これで皆が「妊娠の適齢期」を意識することを願っているよう・・・でも
意識改革はそんな簡単なものではないと思うのだけど。

日本では、適齢期や現実をダイレクトに伝えてくれる人がいない。
自分で限界を感じるしかなくて・・・
誰も線を引いてくれない。
まずは今回のこの「42歳」という制限を受け止めて
気持ちをリセットしてみよう。
限られた中で何ができるのかなあと考えてみて・・・。

アメリカはドクターが早い時期に患者さんに、真正面から「現実的になりなさい」と
言うのだから、そのときはぐざっとくるけど、手遅れになるより全然いい。
だからアメリカ在住の患者さんは比較的卵子提供に踏み切る年齢が若いのだけど
日本在住の患者さんはその決断が遅い。10年といえば大げさだけどこちらの人より7-8年くらい遅い。

文化の違いというのが大きいけれど、結果重視で、
結果を出さないと意味がないというのがアメリカ。
日本はその途中経過にも大きな意味があって、
結果がなくても、これだけ頑張ったのだから・・・ということに
意味があるんだよね。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。