ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
今回のトライで、結局のところ受精卵3つでは
着床前診断をする価値がないということになり
そのまま検査をせずに1つを移植することにした。



実は私は男の子が欲しかったんだなあ。
スポーツ好きの夫と子供が一緒に野球やテニスを一緒に
楽しむのを夢みてた。



実はこの体外受精を始める前に、占いにいった。
その人にこれから代理出産で子供をつくろうと思っていること
を話したら、なんと・・・



その人はまだ代理母が妊娠してもいないのに、子供は予定日よりも
数日遅れて生まれること、子供は男の子だと私たち夫婦の
間の関係が良くなくなるといった。



これが、結構「自信」ありげで・・・。
この人前からそうなんだけど、断言することは
本当に自信あるみたい。



男の子という選択をすることはこの占いの発言でも
すこし揺れ動いていたのだが
結局のところ、今回は私達からは選択ができないって流れになった。



子供を授かることすら大変な今、産み分けの希望なんかして
欲を出したので、ばちがあたったように思った。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク