ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
多くの卵子提供に踏み切る患者さんのことばで、
「日本のドクターにはいつも
「移植するのはグレードがいい受精卵だから」
といわれていました。」と。



なので、自分の受精卵は質がいいんだって
ずっと信じていて。



これって本当に言葉に惑わされているんです。



受精卵のグレードはただの外見のみ。
つまり分割がよく行われているかだけの判断なので
中身は見えていない。



ここはよーく説明されていない事実です。
グレードよい=染色体異常がない
ではないということ。



これを知らずにずいぶん数年を無駄にしてしまった人も
いるはず。



アメリカでは、年齢がいっていれば「着床前診断」で
移植前に染色体異常持っていないとスクリーニングしてから入れることが
当たり前のようになっているけれど、



この検査をしたら、ほとんど移植するものがないっ!!ってくらい
染色体異常を起こしている確率は大なんですよ~。



染色体異常を起こしているものは
着床しなかったり、流産したり、とにかく最後の出産まで
至らないケースがほとんどですが
もちろん出産までたどりつくダウン症のケースだってあります。



ということで、何年も日本で「グレード」に惑わされている
方。
アメリカで染色体異常の検査を受けたら
ああ、こういうことだったんだとわかるかも。
検査は高いですが、本当に価値があるとおもいます。



だって、40代の時間って本当に貴重ですもんね。

スポンサーサイト

テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活















管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク