ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
さすがアメリカアップル社、そしてフェイスブック社
女性の従業員のために、卵子凍結についての
補助金を出すというニュース。




アップル社は
凍結と保存費用として
最大2万ドルということですが
約212万円ですよ~




とても嬉しい制度。




正社員だけでなくパートタイムにも適用されるらしいです。




わが社のために一生懸命働いてくれる社員が
将来不妊のために苦しむ姿をみてきていたんでしょうね。




2万ドルあったら、1回の採卵と10年分の保存料もでる。




今、子供が欲しくなくても、40過ぎで気持ちが変わることがあるので
(たーくさんそういう方をみてきてますが)
一人でも多くの人が利用できるといいですね。




日本では、卵子を凍結しておきたいという女性も
増えているようですが、やはり
こういったことに興味がある+
お金がある+
結婚はしない予定だが、子供は欲しい!




という強い将来に対してのビジョンがない限りは
なかなか自費では、ここまでしないですよね。




少子化日本にもこの補助制度が
上陸することを願っています。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク