ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
代理母は、常に食べていないと、空腹状態は
かなりつわりがきついと言う。




かといってたらふく食べることもできないので
常にクラッカーのようなつまめるものを持っている。




胎児の異常を発見できる検査は10-12週目くらいに
あるので、それを受けることになったと連絡あり・・・




妊娠が進んでいてうれしいのと同時に
進むことで、胎児も大きくなり
色々な検査があり
それによって、何かわるいことが
見つかったらどうしようーーという恐怖もでてきた。




40代になってからの卵子での妊娠なので
本当に本当に、染色体異常がこわい・
私達の受精卵は、着床前診断が受けられるような
強い質のものではなかったので
染色体異常が今、みつかっても
全然おかしくない。




神様、どうか大丈夫でありますように。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。