ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
昨日、サイコセラピーの先生とお食事をした。




最近、卵子提供を受けたいというご夫婦と話すと、
「自分の子供に自分がどうやって生まれてきたのか
告知したい」
とおっしゃる方が増えているってことを言ってみた。




先生は
子供がそれを知ってショックを受けたり、傷ついたりするのは
一時的なもの
という。




もちろん、思春期に言うのはちょっと難しいかもしれない。
時期を選んでというのはたいせつなこと。




子供の性格にもよると言う。
性格がものすごく繊細で重く受け止める子もいるそうだ。
なのですべての子供にあてはまるわけではないらしい。




でも両親の大きな愛情を感じて今まで育ってきた子の
その一時的な感情は時間が経てばおさまるものだそうだ。




言ったことがその子供に大きな衝撃を与え、どうにかなってしまうのは
起因する何か他のことがあるからだということ。




自分に置き換えてみた。
今母親が「あなたは私とは血が繋がっていないのよ」
と急に打ち明けたとしよう。




ショックを受けるだろうか?
ショックと一言で言っても幅が広いが
まあびっくりすることは確かだ。




「なぜ卵子提供という方法を取ったのだろうか」
ということを知りたいと思うだろう。
そして
「私のルーツはどこなの?」
と聞くだろう。




今まで、私に言わなかった理由、言えなかった理由。
そこまで親の立場になって考えられるかわからない。
が、いろんな事情があってこうなったことは理解すると思う。




「私のルーツ」は探せないかもしれない。
もんもんとする気持ちもあるかもしれない。
何で今更言うのよ。
知りたくなかった。
という気持ちになるかもしれない。




でも
「お母さんは血が繋がっていなくても私をこんな立派に
育ててくれた」
という事実が何よりも私を支えてくれるような気がする。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク