ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
代理母の初診が終わり、次の週に私の生理が始まった。




2日目に血液検査へ。
バースコントロールピルも購入し次の日から開始。
代理母は彼女の家の近くの紹介されたドクターへ行って
そこで血液検査。
私は生理開始日から16日目に超音波検診。





私達の体が体外受精代理出産に適しているかの
スクリーニング段階である。




私の方はともかく、代理母は貧血気味で過去の妊娠では
注意が必要とされていたので心配である。




そして医療費はこれからいくらかかるんだろう。
私の保険はある程度のところまではカバーするらしい。
血液検査や定期的に受ける婦人科系の検査などは
払ってくれるらしい。




それにしても体外受精のおは高いものである。
ドクターの奥さんが受付で、
1.ドクター経由で局でオーダーして買う方法。
2.オンラインでヨーロッパブランドのを取り寄せる
方法。
があるとおしえてくれた。
2のほうが安いそうだ。




たくさんの患者さんが体外受精の治療にお金がかかるので
このヨーロッパブランドのを取り寄せているよと
言っていた。
チョイスは私にあってどちらを選んでもいいというのだ。





「安い=質が悪いのか?」との質問にドクターは
「今まで何人もの人が使っていたけど、妊娠に至った人はいるし
だめだという根拠があるデータは今のところはないよ。」
という。




家に帰りちょっとサイトをみて調べようと思った。
IVFのお薬が安く買える
薬の名前などはアメリカの薬局で売っているものと一緒で
「Licensed European Pharmacy」
(ライセンスを持ったヨーロッパの薬局)
を通じて来るそうだ。




電話をしてみたら、とても親切にオーダーの仕方
など教えてくれた。
「うーん、どうしようかな・・」

―続く―

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。