ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AJISAI.jpg


*卵子提供経験者、ともこのブログコーナーです*


「わあ~きれいな女性(ひと)。」


卵子提供エージェントのアメリカ人Sさんから
送られてきた書類のなかに
彼女のプロフィールが入っていた。
そのプロフィール中の彼女の写真に視線をあてた。



白黒のコピー書類に映し出されたSさんの写真は、
高級ファション雑誌のページとおもわれる。
彼女は、昔プロのモデルだったのだ。
写真の印象だと、1970年代後半のものとおもわれるが、
黒のイブニングドレスをまとった彼女は、
タキシード姿の男性モデルと華麗にポーズをとっている。




(売れっ子のモデルだったのかな~?)
とひとり想像をめぐらせる私。
なんで、モデルから卵子提供のエージェントになったんだろう?


後で、わかったことは、彼女自身、結婚後、こどもに恵まれなくて、
卵子提供、そして、代理出産で子供をさずかったらしい。
このビジネスを始める前は、大学にもどって、
心理学者のライセンスまでとっているから、徹底している。






ひぇ~すごいな。アメリカって。行動力と合理主義は、
この国のお得意分野だ。



ほかに同封していた、不妊や、卵子提供関連の
記事も一応目を通してみたが
全部英語でかかれたその書類はなんだか複雑でよくわからない。
電話より、まだ、ましか... (ひとりため息。)



(やっぱり、一度会って話を聞いてみよう。)
その後、Sさんにもう一度電話をかけ、
「○月×日、□時」とお互いのスケジュールを調整して
彼女と面接をする予約をとった。



(続く)

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。