ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
代理母に生命保険をかけるために
弁護士が紹介してくれたエージェントの
おじさんへ電話をした。




慣れているようで話をしたらすぐに申込書を送ってくれた。
代理母は血液検査をしなければならないという。
そのためにわざわざ代理母はここへ来なければ
ならないというのだ。





「これから行ったり来たり何回するんだろう・・・」
すべて終わるまでの道のりは、果てしないのでは
ないかと思った。





うちに血液検査の人が来てくれることになった。
代理母とのスケジュールと検査の人のスケジュールを
あわせる。
私の仕事なんて、にのつぎ。
忙しいとか言ってられない。





契約書のほうは
私達の弁護士が契約内容を私達に説明したあと
ドラフトを作りもう一度私達がレビューをしOKだったので
それを代理母の弁護士に回すことになった。





そして代理母がその弁護士とレビューをする日程が
ちょうどその血液検査をする頃と重なっていた。





代理母がこちらにきているときにやるのはいいが
代理母の主人も契約書レビューに加わらないといけない
ので、代理母―彼女の主人―弁護士の三者会議電話
になる。




なにせ契約書を終わらせなければ、前に進めないのだから
1日も早くというのが私の気持ちである。
私の卵子が気にかかっているからだ。





「まずは死ぬことはないとおもうけど、死んだら
お願いね~。生命保険はしっかりかけておいてよね。
私の子供たちがかわいそうだからね」
なんて、代理母である妹が言う。





「お金もらったってお母さん死んじゃったら
私達をうらむだろうね。」





最悪の状態なんて考えたらきりがない。





そんな時、先日占いに言った時のことを
思い出した。
うちの妹は占い師によると
「100人に一人しかいない
ラッキーな星の下に生まれた人」
らしい。





「この人はね、苦境や逆境に
たたされても、それをいとも簡単に
さっとくぐり抜けることができる人なのよ。
きっとこのこともにラッキーな方向に動くわよ」
といわれたのだ。





そう、妹という人はなんでもひょひょいのひょい、
という感覚でやってしまう人なのだ。
人の子を出産するなんていうことも
いとも簡単に言えるのではないのだろうか。





ま、こんな占い師の言葉にちょっと励まされて
すべてがうまくいくのだと自分に言い聞かせた。

―続く―
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク