ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
あるドナーの方の言葉です。






私は日本から親元を離れこちらにきて
本当に頼れる人は仲のいい友達だけ。





ドナーとして卵子提供をするいうことは、批判的な意見を
聞きたくないのでその友達にもいっていない。






そんなたった一人の秘密なのである。






注射が始まって一人こっそりバスルームに入り、
「カチッ」
ドアの鍵をする。






注射が入った入れ物を開ける。
薬を吸出し、針の先を眺める自分。






その注射針をぷすっとおなかにさす。






その瞬間、われに帰る。
「私何やってんだろう?」
自分の行動が不思議に思われる瞬間がある。






見たこともない、名前さえしらない
私を選んでくださった依頼者の方。
架空のような世界にいるような感じ。
その方のために、私はこうやって毎日
バスルームにて注射を打っているのだ。







友達が家にくるときにはその注射が入った箱を
キャビネットの奥へ隠す。






現実の世界だ。






バスルームへの一枚の扉が私の世界を2つにわけている。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク