ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
bird02.jpg


*卵子提供経験者、ともこのブログコーナーです*




「遠い所、わざわざ来てくれて、どうもありがとう。」
卵子提供エージェントのSさんは、
わたしに言った。




「あの~、卵子提供について、
全く知識がないもので...」
と、わたし。




「大丈夫よ。わからないことがあったら、
なんでも質問してちょうだい。」




会話を進めていくうちに少しずつわかってきたことは、



卵子提供とは、


卵子提供者(このばあい”私”)の卵子を
採卵する


採卵された卵子を不妊治療を受けているご夫婦のご主人の精子と
体外受精させる


その受精卵を奥さんの子宮に移植する-ここで、妊娠できれば
めでたし、めでたし。



卵子提供者は、それに費やした時間、
ホルモン剤の投入などのリスクに対する
報酬として謝礼金をもらう




「あの~、ちなみに、謝礼金というのは、おいくらなのでしょうか?」
と躊躇しながらきいてみた。





「$2,500よ。(約25万円)」とSさん。
ちなみに、これは、1996年当時の相場だ。
今現在の謝礼金の相場は、
この2.5倍くらいする。





$2,500とは、当時のわたしにとって
4か月分のアパートの家賃がはらえる金額だった。




エージェントのSさんは、治療にはいるまえに、




心理テスト
医学検査
弁護士を通した契約





などにパスすることが条件だとも説明してくれた。




やはり、人間の感情、医学、倫理、法律


慎重に考慮しなければならないことが
たくさんある。




Sさんは、不妊で悩んでいるカップルに対して、
お金には換えられない贈り物と言った。





もともと、日本をひとり飛び出してきたわたし。
なぜか、東京の人ごみからはなれて
自由になりたかった。





あの時「決断」をしたから
今の自分がいる。
これも新たな決断か。
リスクもある。




Sさんは、一通りの説明のあと、ふと





「来週日本人で採卵する女性がいるから、
彼女にいろいろ聞いてみたらどうかしら。
実際に体験した人の話を聞くと、参考になるわよ。」





と、その日本人女性の許可をもらって、電話番号をくれた。





Sさんの家をあとにして、その女性に早速電話してみた。

(つづく)
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク