ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の卵巣をみていたDr.が
「あんまり反応していないみたいだね」





「どういうことですか?」






「薬があまり効いていないのか、卵胞の数が思ったほど
ないのだよ」
がっかりというより、この先に増えてくるんだろうなんて
楽観的になろうとしていた。






薬の量を増やしあともう少し様子をみてみることになった。






そして2回目のウルトラサウンド。
そこで悲しい事実をたたきつけられる。
私の卵胞はたったの3個しかなかった。






Dr.は「あなたの年齢だったら7-8個は最低欲しいな」
という。






採卵までいったとしても受精卵を移植するまでに
数が減るので、1個できるかできないかになってしまうかも
しれないよ。次のステップにいくのにもお金がかるしね。
今回は断念して次のチャンスにかけてもいいんだよ。」





断念って。
そんな簡単に・・・・
するんですか・・・・・・・・・・・・!





愕然とした。
子宮以外はすべて正常と思っていたのに。






通常3個だとキャンセルする人が多いとのこと。
もちろん私がどうしてもというのだったら、
してくれるのだが、Dr.としては
成功率とお金を考えてみた上で
次回にかけてみたらどうかというのだった。






その次回というのは来月ではないことを
後に知らされて、またががーんときた。
3ヶ月はあけなさいということだった。
卵巣を少し休めることが必要だった。





ますますの遅れ。
あせっている。
次回にまた卵巣が元気がなくて
卵子ができなかったら、
私達の体外受精も成功しないのだ。






私達の子供を持つ夢は注射を開始して早2週間目で
はかなく消え去りそうだった。

<続く>




スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。