ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
先日自分がでたテレビをアメリカで直接見れることができず
日本の友達からのDVDを首を長くして待っていました!





やっと先日届き・・・・
どきどきしながら見ました。






その中で卵子提供をうけ2人の子供を授かった日本人女性が
でていました。





その方の子供たち2人はドナーと交流をもっています。
とても自然に友達のような感覚で遊んでいる姿が印象的でした。






まだはっきりとは事実を子供たちには伝えていないそうですが
将来聞かれたら言うということです。





とてもオープンで明るい楽しい家族に見えました。
こんな風にすごせることが理想的な1例でもあるのかなあ
と思いました。


            



ドナー側も結婚をしたり、家庭を持ったりしていく中で
将来どのように血のつながった子供と接していくか・・・
簡単な気持ちでは決断はできないでしょう。






子供に告知をするかどうかを考えておられるカップルにとっては
いろいろ考えさせられた映像だったと思います。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク