ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
凍結受精卵を寄付する側は、どんなことに
関心をもち心配しているのでしょうか。






1.生まれてくる子供への心理的精神的な影響 37.6%
2.法的な問題 35.4%
3.受け入れ側に医療または精神的な問題が過去にあったか
  34.6%
4.受精卵が生き残ってくれているか 23.1%
(Resolve調査)






自分たちのわが子と100%の血のつながった兄弟が
どこかに生まれるということ。
将来受け入れ側が子供に対して、告知をするのか
どうするのかということも気になるところです。






将来お互いに交流をもつか、または匿名で寄付が行われるかは
当事者の希望しだいになります。






対象とされる受け入れ側のカップルは
不妊で悩む男女の夫婦(パートナー)
・自分たちの卵子、ドナー精子で妊娠が難しい
レズビアンカップルやシングルの女性
・代理母を使い子供を授かろうというゲイカップル
やシングルの男性
・遺伝子病などにより自分たちの遺伝子を
受け継いでいくことができないカップル
などです。






寄付をしてくれるカップルの医療情報
(過去にどんな病気をしたか、不妊治療はどのように
されていたかなど)はドクターを通じ知ることができます。






もし子供が生まれその子が病院にかかる場合には
「親の病歴」には間違っても、自分たちの病歴
を書かないように、とのアドバイスでした。






ドクターが知りたいのは血のつながっている親の
情報だということです。






寄付をしてくれたカップルのものを書かなくてはなりません。

*続く*
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

入院保険とは

入院給付金は基本的に日額で五千円か一万円のようです。一日目からもらえるというわけではなく、入院五日目からが多いです。入院というと長期の入院で、家計が破綻するというのが最悪のパターンですが、通算千日までのものもあります。何も起こらなかった場合に、無事故ボ... 入院保険のメモ【2008/12/28 23:52】

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク