ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、セミナー会場では、子供への告知に関して
多くの質問が飛び交っていました。






アメリカでは養子を受け入れた夫婦が、他人や子供に
養子だということをオープンにしている光景が一般的でもあるので
自分と親に血のつながりがないという点については
少しは抵抗があるが、そんなに大きな問題としては
取り上げられないのではないかと
勝手に想像していました。






が、今日の参加者のカップルはみな、この点について
「みんな、どうしているのか」
「いつ子供に言うのか」
「言わないでもいいものか」
と心配されており、サイコロジストがそれについて
回答をしていました。






まず子供に言わないでおきたいという方は
絶対に周りの家族、友人などにも一切ふせておくこと。
他の人から漏れた時の子供の心情を考えよ。





しかしながら現在では簡単に血液型などから
自分が親とは血がつながっていないことが
わかることもあるので、その点は心得ておくこと。
わかったときにどのように対処するのかを
考える。






また子供に言わないでおけば、万が一ということで
将来血のつながった子供同士が結婚し、
子供を授かることも想定しなければ
ならない。きちんと親が血のつながった子の情報も
もっていることが必要である。






また、子供のドクターには血のつながりがある親の
医療情報をわたしているので、その点で子供が内容を
不審に思う。





などなど、
言わないことで、特別に気をつけていければならない点は
結構あります。






子供は自分のルーツを知る権利はあるので
それを伝えることは悪いことではない。
でもそれは時期や言い方を考えなければならない。






これらの点は、受精卵の寄付を受ける前には
夫婦はサイコロジスとのカウンセリングを受け
話合うことが必要となります。

*続く*
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。