ロサンゼルスで不妊治療・卵子提供エージェンシーの体験記                        
                                              自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。    
精子バンクドナーを決めました」
とラボの担当者に報告。
「では、書類をファックスしますので
すぐにお客様にサインをもらって送り返してください」







急いで済ませ、2時までにそのラボに精子
届けることになった。







今度はラボの担当者に連絡をし、
受け取りはエージェントの私ひとりでも大丈夫との
確認をとり、
お客様に
「では行ってまいりまーす」と
言ったものの
はたして時間に間に合うんだろうかと
気になってきました。







精子バンクに到着。
ここにたくさんの生命の源となるものが
たくさん眠っているんですね。







入り口で名前を名乗り、受付の人が確認のうえ
ドアを開けてもらいました。





ひっそりとした受付で誰も座っていません。
「電話で申し込みをした精子を受け取りに
きました」
というと、奥から男性がタンクを持ってきました。






精子は小さなバイルに入っているはずなのに
こんな大きなタンク??






「そんなに大きいんですか~?」と聞くと
「ちょっと重いわよ」といわれました。






「タンクはあとで返してください。
今日のお支払いは$600です」
ということで、とても手続きは簡単でした。






そんなやりとりをちょっと前に入ってきた
男性がみていたようで、
私と目があうと
「Good luck」(がんばってね)
と声をかけてきました。






どうやら私自身のために、精子を買いにきたと
思っているらしい・・・・。





そして、私がタンクをよっこらしょと持ち上げたところ
やはりちょっと重そうにみえたらしくその男性が
「Can I help you?」などとまたもや声をかけてくれました。






手伝ってもらうほどでもないけれど、と思い
「大丈夫です」といって出口近くなってきたら
やさしくドアを開けてくれて
彼はまた真剣な顔で
「Good luck」を繰り返しました。






なんか妙な気分でしたが
「Thank you」といいました。






果たしてあの彼はなぜあそこにきていたのかな、
などとラボへ精子を運ぶ途中考えました。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Miracle Baby

Author:Miracle Baby
サイトをご覧になってください。http://miraclebaby.us

アメリカ在住25年 ロサンゼルスで卵子提供、代理出産、精子提供などのサポートをしています。自分自身も不妊で悩み、代理出産という道を選択、女児を授かりました。「こんな私でもこんな難しいことが出来た」のです。

私の不妊治療ー代理出産体験談と、今の仕事を始めたきっかけをお話しています。 2月1日、8日と2週に分けお話しています。 ネット放送で聞くことが出来ます。



前半 後半

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク